呪術廻戦

【呪術廻戦】20話のネタバレ|真人の正体が明らかになる

呪術廻戦20話のネタバレを掲載。20話では、七海の術式と虎杖の必殺技が明らかになる。そして、吉野との会話から、特級呪霊である真人の正体が明らかになる。呪術廻戦20話のネタバレを読みたい方はこちらをどうぞ。

呪術廻戦20話のネタバレ

逕庭拳

七海が「私の術式はどんな相手にも強制的に弱点を作り出すことができます」「7:3」「対象の長さを線分した時、この比率の点に攻撃を当てることができればクリティカルヒット」「私より格上の者にもそれなりのダメージを与えることができますし、呪力の弱い者であればこのナマクラでも両断できます」「聞いてますか、虎杖君」と説明すると、虎杖は「あっ!!俺に言ってたの!?」「そういうのってバラしていいもんなの?」と呪いとの戦いに集中しながら話を聞かないといけないので戸惑っていた。

七海が「バレても問題のない術式、問題のない相手、またはバラすことでミスリードを誘うのであれば良いでしょう」「メリットはあります、手の内をを晒すという縛りが術式効果を底上げするのです」「こんな風に」と七海が攻撃していく。

呪いは手足が切断されていく。

虎杖は「そもそも刀身がグルグル巻きなのに、その上峰打ちでブッタ斬った!!」と思っていた。

その瞬間、虎杖の横から呪いが攻撃してくる。

七海が「余所見は感心しませんね」と言うと、虎杖は「話しかけたのだぁれ!!」と返す。虎杖が集中して呪力を溜める。

虎杖は五条との練習を思い出していた。

五条が「悠仁の呪力はさ、遅れてやってくるね」「悠仁の瞬発力に呪力が追いついてない」「呪力を留める技術も未熟だから軌跡に残りがち」「それが逆に変則的な呪力の流れを作ってる」「拳が当たったと認識した直後に呪力がぶつかってくる」「つまり、一度の打撃に二度の衝撃が生まれる」と分析して伝えたことを虎杖は思い出していた。

虎杖が呪いにパンチを繰り出すと、後から呪力が遅れて衝撃を与えていく。

虎杖が「カッコイイ!!」と感じていると、五条は「なかなか狙って出来ることじゃない」「これは大きな武器になる」と返していた。

七海が「素の力が人間離れしているのか・・・」「初撃が少ない呪力ながら並の術師の120%成立している」「そこに時間差で流れ込んでくる本命の呪力」「やられる方は想像以上に嫌でしょうね」「伸び代もある」「100%の体術に100%の呪力を乗せられる様になれば・・・」と考えながら、「五条さんが連れてきただけはあるわけだ」「失礼、今止めを」と呪いに近づくと、腕時計をしてることに気づく。





真人の正体

七海が「嘘でしょう」と呟き、「こんな事があり得るのか!?」と考え、「虎杖君!!」「止めは待って下さい」と伝える。虎杖が「そりゃ、なんでまた」と返すと、七海は「これを見て」「私の相手を撮影しました」と虎杖に先程撮った写真を見せていく。虎杖が「呪霊ってこういうの写んないんじゃ・・・」と言うと、七海は「落ち着いて聞いて下さい」「私達が戦っていたのは」と衝撃的事実を伝えていく。

呪いが呪術高専に送られ、家入が調べていく。

家入が「人間だよ」「いや、元人間と言った方がいいかな」「映画館の3人と同じだな」「呪術で体の形を無理矢理変えられてる」と電話で伝えると、七海は「それだけなら初めに気づけますよ」「私達が戦った2人は呪霊のように呪力が漲っていた」と返す。家入が「そればっかりは犯人に術式のことを聞くしかないな」「ただ脳幹の辺りにイジられた形跡がある」「恐らく意識障害・・・錯乱状態を作り出すためだろう」「脳までイジられるなら呪力を使えるように人間を改造することも可能かもしれん」「脳と呪力の関係はまだまだブラックボックスだからな」「そうだ、虎杖は聞いてるか?」「コイツらの死因はザックリ言うと体を改造させられたことによるショック死だ」「君が殺したんじゃない、その辺履き違えるなよ」と気を遣って伝えると、虎杖は「はい」と答えていく。七海が家入との電話を切ると、虎杖は「どっちもさ、俺にとっては同じ重さの他人の死だ」「それでもこれは、趣味が悪すぎだろ」とブチギレていく。

七海が「この子は他人のために本気で怒れるのだな」と考えながら、「あの残穢自体ブラフで、私達は誘い込まれたのでしょう」「相当なヤリ手です」「これはそこそこでは済みそうにない」「気張っていきましょう」と言うと、虎杖は「応!!」と返事をしていく。

その頃、川の下水路で真人と吉野が会話をしていた。

真人が「「特級仮想怨霊」、そう呼ばれる呪霊がいる」「呪霊は人間から漏出した呪力の集合体」「実在しなくとも共通認識のある畏怖なイメージは強力な呪いとなって顕現しやすい」と言うと、吉野は「共通認識のある畏怖のイメージ・・・」「有名な妖怪や怪談ってことですか?」と聞くと、真人は「そっ、トイレの花子さんとか九尾の妖狐とか色々」「呪術師はそれらを特級仮想怨霊として登録し警戒をしてる」「正体不明の強力な呪いもとりあえず仮想怨霊としてカテゴライズする辺り、それしか見えてないって感じだよね」「でも人々が常に恐れているのはそんなお伽話じゃないだろう?」と返していく。吉野が天災とか?」と聞くと、真人は「君との会話はストレスがなくて助かるよ」「大地を、森を、海を、人々は恐れ続けてきた」「それらに向けられた呪力は大き過ぎる故に、形を得る前に知恵をつけ今まで息を潜めていたんだ」「皆、誇らしい俺の仲間さ」と返していく。吉野が「真人さんは何の呪いなんですか?」と聞くと、真人は「人間」「俺は人が人を憎み恐れた腹から産まれた呪いだよ」と答えていく。

<<前の話 20話 次の話>>

あわせて読みたい
【呪術廻戦】全話のネタバレ一覧こちらのページに呪術廻戦のネタバレをまとめております。呪術廻戦の最新話や過去の話を読みたい方は、ぜひこちらのページをご活用ください。 ...