出会って5秒でバトル

【出会って5秒でバトル】98話のネタバレ|厄災の隠しルールの存在が判明

出会って5秒でバトル98話のネタバレを掲載。98話では、ユーリと第6監視人チームが城を目指すために行動を始めていく。ただ、厄災にはまだ隠されたルールがあることが星野から示唆される。出会って5秒でバトル98話のネタバレを読みたい方はこちらをどうぞ。

出会って5秒でバトル98話のネタバレ

大事なのは目的じゃない、結果さ

星野の話を聞いたクレアが「ちょ・・・ちょっと待って、星野」「今言った話を総合するとあなた達はこういったプログラムを過去にもやってきたって事?」「同じように大勢を集め能力を与えて・・・?」と尋ねると、星野は「そうだよ、僕が知る限りでも何度か・・・」と答える。

クレアが「何故なの・・・?なんのためにこんな事を」「このプログラムの目的はいったい・・・」と追及すると、星野は「大事なのは目的じゃない、結果さ」「僕とユーリちゃんが出会い結ばれたように」「プログラムが求めているものは運命の先にある結果なんだ」と告げる。

ユーリが「てめえまだそんな・・・」と声を荒げると、クレアが「落ち着いて・・・!」と諭し「じゃあ、貴方や他の監視人の目的は何もないって言うわけ・・・!?」とさらに追求し、星野は「僕達監視人には目的はある・・・プログラムを最後まで勝ち抜く人間を見つけ出す事」「そのために6人の監視人それぞれが己の考えたプログラムで11人を選び出した」「僕がここにいるのも本来の第六監視人が他の監視人に始末されたからだよ・・・ただの代理さ」「僕達監視人は厳密には仲間でもなんでもない・・・それぞれがただの歯車の一つで噛み合ってるだけ」「そういう意味では僕達はキミ達の敵でもないんだ」「わかってくれると嬉しいけど」と話していった。ユーリが星野の胸ぐらを掴み「敵じゃないだと・・・!?ふざけんじゃねえ・・・!」「お前らのせいでどれだけの人がどんな目に遭ったと思ってんだ・・・!!」「最初に魅音はあたし達が選ばれた理由はないと言ってた・・・!」「目的もない理由もない暇つぶしでやらされてるとでも言う気か!?」と憤ると、星野は「言ったはずだよユーリちゃん・・・キミ達の目的の方が重要だと」「キミ達がそれぞれに目的を抱いてプログラムをクリアする事」「選ばれた理由なんてない、それが大事なんだ」「ユーリちゃん、夜店にある金魚すくいをイメージしてみて」「たくさんの金魚がいるけれどどれが自分にとって最高の金魚かはわからない」「でも、そんな事を考える意味はない」「金魚が集まっている・・・密度の高いところに網を入れ掬う」「それが偶然東京に生きるキミ達だった・・・」「でもユーリちゃん・・・キミはもう知ってるはずだ・・・」「「偶然」なんてない、全ては運命なんだって・・・!」と告げると、ユーリは「偶然じゃない・・・!」「あたしが生まれここに来たのは・・・!」と自分の発言を思い出し歯を食いしばり星野を解放した。

クレアが「ユーリ・・・落ち着いて」「貴方達の事は理解できないけど・・・とにかくユーリと一緒にここを脱出して・・・最後のプログラムまで進む事ができれば私達の仲間は解放されるって事ね」と確認すると、星野は「そうだね・・・それがみんなの目的だろ?」と答える。が、ユーリは「いいや違う、それだけじゃ駄目だ・・・!」「二度とこんな事をさせねえためにもお前達はぶっ潰す」「それがあたしの目的だ!それでもいいんだな星野!!」と啖呵を切ると、星野は「勿論それでも構わないよ」「達成するのは難しいと思うけど」「ユーリちゃんのために僕ができる事はなんでもする、それだけは誓うよ」と約束していった。





《厄災》のもう一つのルール

クレアが「わかったわ・・・とりあえず次の行動に移りましょう」「まずはユーリの仲間を見つける、いいわね?」とうかがうと、猪瀬が「ユーリも聞いてくれ、クレアに考えがあるらしい」と伝え、クレアが「実は私、大学生の頃このテーマパーク「ネバーランド」でクルーのバイトをしてた事があって・・・少し詳しいのよ」「まずここは「イマジンオブホラーズ」(お化け屋敷)の裏口側スタッフルームよ」「案の定クルー用の地図もあったわ」「テーマパークには防犯と混雑の確認に多くのカメラが設置されてる」「そのカメラ映像を監視してクルーや警備に指示を出すための管制室があるのよ」「ここからそう遠くない」「この森の地下にスタッフ用の施設があって、そこに会議室、医務室、食堂、管制室などが詰め込まれてるの」「お城へ行くにはロープウェイに乗れば安全だけど動くかどうかもここで確認できる」「まずこの管制室に向かうべきだと私は思う」「ただし、この大人数で動くわけにはいかない・・・だから二手に分かれましょう」「管制室に向かうのは私と猪瀬じいとユーリ」「残りはここで待機、首尾良くいけば私達から連絡するわ」「監視カメラでユーリの仲間を見つける事ができればどこかで合流する事もできる」と作戦を話していく。

作戦を聞いたユーリが「ちょ、ちょっと待って・・・」「連絡ってどうやって・・・?端末はこの画面のまま動かなくなってウントともスンとも・・・」と不安を口にすると、シソが「だからおジジが行くのよ、ユーリさん」と言い、猪瀬が「そうだな・・・」「よしユーリ、ためしにあそこの壁を見てみろ」「じっと良く見てるんだぞ」と指示を出すと、ユーリの視界にユーリが現れた。

猪瀬が「見えたか?そいつは俺の視界だ・・・」「これが俺の能力でな」「相手の右目のジャックする能力・・・!」「他人の右目の視界を俺が盗み取る事も逆に俺の右目の視界を相手に見せる事も可能だ」と能力を説明し、ユーリが「これってカメラ越しの人間にも・・・?」と聞くと、猪瀬は「ああ、その人物の今の様子が見えるなら距離があってもカメラ越しでもアイジャックできる」と説明する。

クレアが「それにシソの能力は彼女のいる「密室」を彼女以外、外から中へ入る事も中から外へ出る事もできなくする」「入れなくても中にいるとバレたらゾンビが集まって来るから息を潜める必要はあるけど、彼女が入れば待機しているメンバーは安全よ」とシソの能力を説明すると、シソは「普段はそんなに役に立てる能力じゃないんだけど・・・」と謙遜するが、クレアは「まさか、今回だけじゃなく何度もシソには助けられたわ」と言う。

クレアが「ちなみに・・・私の能力は道すがらすぐに見せる事になると思うから実際にあなたの目で見てもらった方が早いわ、ユーリ」と伝え、シソが「部屋の扉を開けられるのは私だけですから」「万が一の時は「ノック三回を二度」を合図に開けます」と言うと、クレアは「準備はいいわね?」「みんなで力を合わせてここを脱出するのよ、誰一人欠ける事なく・・・!」と作戦を始めようとする。

それを見ていた星野は「ユーリちゃん・・・キミと出会って僕の全てが変わった」「キミのためにできる事はなんでもする」「だから・・・僕はあえて言わないでおくね、《厄災》のもう一つのルールを」「もしキミがそれを知ってしまったら・・・」「ユーリちゃん・・・キミはきっとここで死んでしまうから・・・」と不安なことを考えていた。

<<前の話 98話 次の話>>

あわせて読みたい
【出会って5秒でバトル】全話のネタバレ一覧こちらのページに出会って5秒でバトルのネタバレをまとめております。出会って5秒でバトルの最新話や過去の話を読みたい方はこちらのページをご...
▼LINE登録でお得な情報を配信中▼
友だち追加