出会って5秒でバトル

【出会って5秒でバトル】8話のネタバレ|ユーリの能力が「身体能力を5倍にする能力」と判明

出会って5秒でバトル8話のネタバレを掲載。8話では、ユーリが援助交際を繰り返すオヤジ桐生和人と1stプログラムのバトルを繰り広げる。そして、ユーリの能力が「身体能力を5倍にする能力」と明らかになる。出会って5秒でバトル8話のネタバレを読みたい方はこちらをどうぞ。

出会って5秒でバトル8話のネタバレ

援助交際

ユーリが対戦部屋に入室すると「これより1on1を開始します」「この場所の物と部屋から持参した道具のいかなる利用方法も認め、どちらか一方が気絶、敗北の宣言、死亡した場合のみ決着とします」というアナウンスが流れていく。ユーリが対戦相手を見て「なんだこのオッサン・・・」と感じていると、対戦相手のおっさんが「ふぅぅ〜・・・」「キミ・・・ユーリちゃんだっけ?」「はじめはとんだ地獄に落とされと嘆いたが、キミのおかげで今は考えをとても前向きに改めているよ」と言い放つ。

男が「ンン〜、いい匂いがここまで来てる」「この匂いから察するに・・・ユーリちゃん処女でしょ?」「スレてそうな顔して意外にウブなコなのかな?」と問いかけると、ユーリは「なんだコイツ!?」と気持ち悪さを感じていた。

男が「当たってる?」「直に嗅げば100%当てられるんだけどねェ」「私は君のようなJKが大好きでねェ」「援助交際で研究を重ねたんで色々わかるんだ」「ねェ、さっきの当たってた?」「教えてくれないか」と語っていくと、ユーリは「うるっさい、この変態オヤジ・・・」「それ以上近づいたら手加減なしにぶん殴るからな・・・!」と言い放つ。男が「勿論そうすべきだ」「これは負けたらどうなるかもわからない「決闘」なんだから」「お互い容赦せずやろうじゃないか」「可愛らしい抵抗があった方が燃えるしね」と迫っていくと、両者の手枷が外れユーリは「近寄るなってんだ!!」と男の顔に蹴りを叩き込んだ。

蹴りを食らった男が鼻血を流しながら「フフ、むしろご褒美」と言う。

男が「凄いバネと運動神経だねぇ、ユーリちゃん」「重そうな胸してるのに」「凄くイイよ、凄くタイプだ・・・」「俄然燃えてきた」と喜んでいると、ユーリは「こっちもね」「変態のセクハラエンコー親父相手ならな、遠慮なくぶっとばせる」と言い放つ。

すると、男は突然パンツを脱ぎすべてをさらけ出し「ここには法はない」「だったらどんな格好をしても僕の自由だろ?」と変態の本領を発揮しすると、ユーリは「こっ、こいつ」「マジモンの変質者」と男を直視できずにいた。

男が「くくく、パニクってるパニクってる」「理解できない発言、挙動」「人は理解の及ばないものに恐怖する」「そして、恐怖は正常な思考、判断を阻む」「そうなれば後は腕力で勝るこちらの思い通りに」「どんな娘もそうだった」と過去の援助交際歴を思い出しながらユーリに向かって走り出し、ユーリは「くそっ、キモイキモイキモイ」「男なんて大っ嫌いだ!」「もうイヤだこんなの・・・!」と逃げ出していく。

が、ユーリは男に捕まってしまう。

男は「ほぉら捕まえたあ!」「ふふぅ〜、もう抵抗しても無駄だぞぉ」「ああ、いい匂いだ」「フフ・・・こうしてるといつも思い出すよ」「さっきの話の続きだけど・・・僕はね、JKと何度も援助交際を繰り返してた」「だけど、ある日を境に少し宗旨替えをする事になったんだ」「あの日の事は忘れられない・・・」とある援助交際をした時の話を語っていく。



「身体能力を五倍にする能力」です

行為を終えたJKが「おじさんってさあ、割りとこういう事してるヒトなの?」と聞くと、男は「まあねェ」「私は君達の年頃の娘が好きでね」「よく癒やしてもらってるよ、フフ」と答え「自分の価値も分かっていない無知なガキ」「そんなお前らJKをはした金で支配して弄ぶのが俺のストレス解消法だ」と考えていた。女子高生が男のジャケットを物色し「ふーん、そうなんだぁ」「私にも癒やされた?」「小学商事係長、桐生和人」「有名な大きい会社だよね、知ってるよ」「おじさんそこの偉い人なんだ」と名刺を発見して言うと、桐生は「別にそんな事はないさ」と返しながらも内心では「しまった・・・名刺を一枚内ポケットに入れたままだった」と焦っていた。女子高生は「じゃ20万円」と金銭を要求してくると、桐生は「さ・・・最初に約束した金額とかなり違うね」と狼狽を隠せなかった。

女子高生が「こんな偉い人ならヨユーでしょ?」「今払えないなら後で会社に取りに行ったげるよ」と脅迫をしてくると、桐生は「俺を脅す・・・?」「こんな馬鹿なガキが俺を」「ふざけるな、そんな事があってたまるか」「支配するのは俺の方だろ!?」「俺がお前らを・・・」と憤りが頂点に達してしまう。女子高生を殺害してしまった桐生は「震えが止まらなかった」「ついさっきのこの少女との行為を遥かに上回る」初体験の快感に」と当時のことを振り返った。

桐生が「それ以来病み付きになってね・・・」「こうして身体を鍛えて援交で釣ったJKを「支配した」よ」「ここに来てもうできないかと絶望したが・・・ふふ」 「こんな私の相手がJKのキミだなんて・・・」「素晴らしい「偶然」だと思わないか」と言うと、ユーリは「あたしに・・・「偶然」って言うな・・・!」「どうして平気で・・・自分より弱い人間を」「その痛みがわかんねーなら教えてやる!!」とブチギレ、桐生の腕を握り潰していく。

ユーリは一瞬で背後に回り込み、「死ね、このクズヤロー!!」と桐生の顔面を殴りつける。

ユーリが「ふざけた「偶然」!」「クズヤローども!」「何もかも・・・!」「もうウンザリだ・・・」「何もかも全部ぶっ飛ばしてやる!」と言い放つ。ユーリの部屋に置いてあった手紙には「天翔優利さん、あなたの能力は「身体能力を五倍にする能力」です」と書いてあった。

<<前の話 8話 次の話>>

あわせて読みたい
【出会って5秒でバトル】全話のネタバレ一覧こちらのページに出会って5秒でバトルのネタバレをまとめております。出会って5秒でバトルの最新話や過去の話を読みたい方はこちらのページをご...
▼LINE登録でお得な情報を配信中▼
友だち追加