出会って5秒でバトル

【出会って5秒でバトル】68話のネタバレ|飯塚怜司&ショウが襲撃

出会って5秒でバトル68話のネタバレを掲載。68話では、アキラたちが白鷺の言葉を白鷺の妻に伝えていく。その帰り道、白鷺の因縁の相手である飯塚怜司とショウが襲撃してくる。出会って5秒でバトル68話のネタバレを読みたい方はこちらをどうぞ。

出会って5秒でバトル68話のネタバレ

少しは恩返しできたかな

家に招いたアキラたちに白鷺の妻が「そう・・・うちの人がお父様の裁判で・・・」「でもなぜあなた達に伝言を・・・?」と尋ねると、アキラは「白鷺先生には・・・それからもずっと相談に乗ってもらったりお世話になってましたから・・・」「そのあと・・・すぐ先生と連絡がつかなくなったので」「伝言の内容も気になって・・・何かあったのかと思って・・・ここへ」と答え、ユーリは白鷺の妻を見て「この人がリーダーの・・・すごくやつれてる・・・」と感じていた。

白鷺の妻が「それじゃああなた達にも言わないといけないわね・・・」「昨日・・・主人の働く検事局から、主人が起訴する寸前だった人の事務所で事件があったと連絡が・・・」「そこに・・・あの人がいた証拠も出たらしくて・・・」「でも行方不明で・・・」「警察も捜索中だから連絡があれば先に検事局に教えてほしいと・・・」「電話をうけた時予感はした・・・」「伝言を残したという事はやっぱり」「きっとあの人は娘の仇を討とうとして」と言って頭を抱え、その時アキラは白鷺の言葉を思い出していた。

白鷺が「その男は・・・飯塚怜司という犯罪者で、私がすぐ背後に迫っている事に勘づいたヤツは・・・私の車に細工を・・・」「だが、その車に乗ったのは・・・」と娘が死んでしまった原因を話していた。

白鷺は妻の「あなた、飯塚っていう人から電話があったわ」「その人が、娘が死んだのはあなたのせいだって」とという言葉を思い返し、「何日も何日も考えた・・・」「そして私は・・・奴の事務所へ行って」と飯塚を殺害したことを告白する。白鷺が「私は正義のために・・・娘まで犠牲にしたのに」「怒りと憎しみで・・・それを自ら踏みにじった」「だから・・・私は緑チームを作ったんだ・・・」「そのために死んでも悔いはない・・・」「だが・・・一人残された妻の事が・・・」「娘が殺されたと知った時・・・妻は私を激しく罵倒した」「思えばそれが私と彼女の最後の・・・」「このままでは・・・きっと彼女は重い物を抱えたまま生きていくと思う」「だから頼む・・・ここから脱出できたら伝えてほしい」と最後の頼みをアキラに託していた。

アキラが「リーダー・・・先生は・・・今あなたと娘さんを思うと笑ってる顔ばかり浮かぶ、あなたもそうであって欲しい・・・と言ってました」と白鷺の言葉を伝え、妻が「あの人は・・・帰って来てくれるかしら・・・?」と不安そうに言うと、ユーリが「あ、あたしはきっと・・・そう思う」「あたし達も・・・もし連絡が来たらすぐ報せます」と伝え家を出ていった。

帰り道、アキラが「ユーリ・・・さっきは助かったよ」「俺・・・嘘をつくのは得意なつもりだったけど、あの時・・・あんな時に限ってどうしてか言葉が・・・」と言うと「やっぱり俺はユーリやリーダーみたいには・・・」と言い「やっぱり俺は、ユーリやリーダーみたいには」と感じていると、ユーリが「違うよアキラ」「嘘をつけなかった事がアキラの優しさなんだよ」「リーダーは・・・アキラは何にでも気がつくけど、一番自分の事わかってねーから」「あたしがそれを教えてやれって・・・それがあたしのリーダーとの約束だった」「当たってたな・・・リーダーはアキラの事すごくわかってたんだ」と伝え、アキラは「リーダー俺・・・少しは恩返しできたかな・・・」と考えていた。





VSショウ

アキラが「ユーリ・・・一つわかったな」「リーダーは事件のあった事務所で撃たれて死んだはずなのに行方不明って言われてた」「プログラムの参加者は死んだあとに連れて行かれて失踪者扱いになってるんだ」「俺達ももし4thに参加してなければ・・・」と言った瞬間、「ユーリ・・・リーダーの奥さん・・・「きっと・・・あの人は娘の仇を討とうとして」って言ってたよな・・・?」と確認すると、ユーリは「だっけ?それがどうしたんだよ?」と聞き返し、アキラは「「仇を討って・・・」ではなく、「仇を討とうとして・・・」確かにそう言った」と言う。アキラが「飯塚怜司は死ななかった・・・?」「いや、リーダーはこの手で殺したと断言していた」「死体があったなら検事局から伝わったはずだ・・・」「飯塚怜司の死体もなかった・・・!?」「リーダーと同じように・・・まさかこの男も・・・」とユーリの方を振り返った瞬間、銃弾がりりあの胸を貫いていく。

アキラは「犯罪者・飯塚怜司もプログラムに参加していたとすれば・・・」「そしてもし、別のチームで4thプログラムに進んでいたとすれば・・・!!」「同じように白鷺リーダーがプログラムに参加した事を知りここに現れる可能性が高い・・・!」「リーダーに復讐するため・・・!」「リーダーの家を監視していたんだ・・・俺達の事も・・・」「4th参加者だとバレた!」と辺りを警戒する。

一方、飯塚が「おい!なんであのチビを狙った!?」と電話で確認すると、ショウが「え?だって「まず黒髪のガキを狙え」って言われたから・・・」と答えるが、飯塚は「コート着た男の方を言ったんだよ!それは!」「あんなチビを先に撃つ意味ねーだろ、考えろよ・・・ったく」「だがあの反応・・・!間違いねぇ、やはり奴らも同じ4th参加者だ・・・!」「プログラム途中で白鷺と知り合ったのか?ヤツ本人は戻ってきてないようだな・・・残念だが」「代わりにお前らを狩らせてもらうぜ・・・!」と言い放つ。

アキラが「落ち着けユーリ!!これは敵の能力・・・」「飯塚怜司って犯罪者の仕業だ!」「りりあはまだ息がある!」「助けるためにも一刻も早く奴を倒さないと!!」と冷静に行動を促すと、公園の奥から「そうか、「黒髪のガキ」ってあっちの方だったのか」「小さいコは脅威にならないから最初から数に入れない・・・」「難しいな、怜司さんの指示は」とショウが登場する。

ユーリが「アキラ・・・あいつ」「あの野郎が・・・!?」と言うと、アキラは「待てユーリ・・・!待ち伏せした敵が堂々と姿を見せるのはおかしい・・・!」と伝え、その瞬間ショウが能力を繰り出してくる。

アキラが「弾!?を飛ばしたのか!」「りりあはコレに撃たれて・・・」と敵の弾丸の正体を推測していると、ユーリが「ブッ殺す!!」と五倍能力でショウに向かっていき渾身の蹴りを叩き込む。

が、ショウは「うん・・・スゴい蹴りだったけど問題ない」「やっぱり怜司さんの言う事は間違いないなぁ」とすぐに立ち上がる。

アキラが「ユーリの蹴りが効いてない・・・!?」「なんだこいつの能力は・・・!?」と驚いていると、飯塚は「フン・・・あの女五倍能力か」「ま、ショウの能力なら問題ねえだろ」「もう一人・・・お前には白鷺の分も地獄を見てもらう、俺の能力でな・・・!」とつぶやいていた。

<<前の話 68話 次の話>>

あわせて読みたい
【出会って5秒でバトル】全話のネタバレ一覧こちらのページに出会って5秒でバトルのネタバレをまとめております。出会って5秒でバトルの最新話や過去の話を読みたい方はこちらのページをご...
▼LINE登録でお得な情報を配信中▼
友だち追加