出会って5秒でバトル

【出会って5秒でバトル】54話のネタバレ|アキラVS黒岩のブレーン対決に

出会って5秒でバトル54話のネタバレを掲載。54話では、緑チームのリーダーが白鷺ではなくアキラであることが明らかになる。そして、アキラと黒岩のブレーン対決が始まっていく。出会って5秒でバトル54話のネタバレを読みたい方はこちらをどうぞ。

出会って5秒でバトル54話のネタバレ

「王は」お前か?

桃子から電話を受けた黒岩が「そうか、予定通り白鷺のジジイを仕留めたんだな」「よくやった」「これでこのくだらねえゲームは終わりだ」と言う。

泣き叫ぶ太郎をあやしながら桃子が「この子のように・・・やっとあの子達を守る事ができたわ」「よかった・・・」「追って来てるのはわかっていたわ」「でももう全て終わった・・・諦めなさい」と告げるが、りんごが「いいえ、まだ何も終わっていません・・・!」「その子を・・・返してください・・・!」と言い放つと桃子は「私は太郎を守ろうとしているのよ」「わかってちょうだ・・・」と言いかけ、「あなた・・・「まだ何も終わってない」・・・」「今そう言った・・・?」と気づき、「桃子さん・・・その子がこの戦いの始まりだったというのなら」「命がけで戦ってるみんなのためにも・・・そして・・・リーダーのあの決意のためにも・・・!!」「その子は絶対に渡せない・・・!」「私が奪い返します・・・!!」と宣戦布告していった。

魅音からの「残念ね、まだアナタ達の勝ちじゃないわよ」という電話を受け黒岩が「魅音・・・オレには白鷺を殺ったと報告があったんだがな」と返すが、魅音は「アラそ、お手違いがあったんじゃない?」「まだ緑の王は狩られてないわ」と告げ、黒岩は「まさか・・・」と何かに勘づいていく。

黒岩が「5MPあった緑のMPが・・・0に」「確かに・・・誰を王にするかは選択できた」「白鷺は王じゃなかったのか」「戦略を見る限り、「五倍の女」を王にしたとも考えられねえ」「「王」はお前か?白柳アキラ・・・!」と目の前に迫ったアキラに尋ね「謎の能力・・・緑のキーマンはお前だとは思ってるが、まさか白鷺じゃなくてお前が王だったとはな」と現れたアキラに告げていく。





アキラVS黒岩

アキラが「こっちの事より・・・自分の王の事を考えるべきじゃないの」「あんたが大神に陽動を重ね、その実リーダーの一本釣りを裏で狙ったように、こっちも塔の50MPを目指すと見せてこの状態を狙っていたんだ」と告げると、ユーリと戦闘中の大神の腕に2本のナイフが投げつけられた。

すると、「柄にもなく苦戦してんじゃねーか」「アキラが手を貸してやれって言うから来てみたが、なるほどこいつも「五倍」能力かよ」と霧崎が現れる。

大神が「覚えのねえツラだが、やっと一人増援が来やがったか」とナイフを抜くと、「一人ではない」「待たせたなユーリ・・・よく一人で持ち堪えた」「アキラから伝言がある、お前に謝りたいから俺達と無事に戻って来て欲しいと」「今アキラが司令塔の黒岩を抑えている・・・邪魔が入る事はない」と熊切も現れ、霧崎が「よ〜するに、その間に俺達でこいつをカタにはめればこの戦争は終わりってこった・・・!」と言い放つ。

黒岩が「塔か・・・塔の10MPをプラスして15MP・・・それを使って魅音に俺の位置を聞いたのか」「やられたぜ・・・考えたくもなかったが、あえて白鷺を王にしない度胸はないと踏んでた」「リスク承知で「王」になる以上、そう簡単にはやられないという能力があるんだろう」「だがこうなれば好都合だ」と語っていく。

一方、大神は「クロを抑えてその間に俺を数で囲む・・・」「くっく・・・そうか、これがお前達の狙いか・・・なるほどな」「だがどーにもなァ・・・やはり裏で糸を引いてるのはあのアキラって小僧らしいが」「あの小僧、俺とクロを甘く値踏みしてやがんじゃねえか?」と劣勢にも関わらず余裕を見せていた。

黒岩は大勢の奴隷でを呼び寄せ「俺の能力で仕留めて仕舞いだ」「お前の能力の正体が何であろうとな」と言い放つ。

<<前の話 54話 次の話>>

あわせて読みたい
【出会って5秒でバトル】全話のネタバレ一覧こちらのページに出会って5秒でバトルのネタバレをまとめております。出会って5秒でバトルの最新話や過去の話を読みたい方はこちらのページをご...
▼LINE登録でお得な情報を配信中▼
友だち追加