出会って5秒でバトル

【出会って5秒でバトル】51話のネタバレ|熊切がついに能力を発動

出会って5秒でバトル51話のネタバレを掲載。51話では、熊切がユウキの能力に苦戦していく。熊切はついに能力を発動する。出会って5秒でバトル51話のネタバレを読みたい方はこちらをどうぞ。

出会って5秒でバトル51話のネタバレ

熊切VSユウキ

緑チームの本陣では、何者かに殺された赤のスパイを見てりんごが「いる・・・!きっとこの中に彼を殺したもう一人のスパイが・・・!」と考えていた。

晴花は白鷺から「いかん!晴花」「お前はそこを離れるんじゃない!」「熊切が戻るのを待て!晴花・・・」と電話で伝えられるが、「ごめんなさい!だっておじさんは能力無しで戦う気だもん・・・!」「私だってきっと何かの役に立てる」「待ってておじさん・・・!」と熊切の元に向かっていた。

ユウキが「勝負はこれから・・・?」「腕落とされてそんな強がり言ったヤツ初めてだよ」「嗜虐心そそられちゃうなァ」と余裕を見せると、熊切は「フン・・・ほざけ!!」と殴りかかるが躱されてしまう。

ユウキが「是非見てみたいね・・・アンタがもう許してくれと泣きつく姿!」と熊切に縄を投げつけると、熊切は「またか、一瞬で移動を」「ヤツの「縮める」能力にはまだ何かが」と感じていた。

ユウキが縄で熊切の腕を捕えると「縮め」とナイフを繰り出す。

ナイフを食らった熊切が足元を見るとハイテク繊維が光っていることに気づき、ユウキが「気づいた?勘がいいね」「すでにそこらにばら撒いておいたんだ」「ハイテク繊維の「輪」をね」「縮め!」と熊切の足も切りつける。

両腕と両足にダメージを受けた熊切がうずくまり「強い・・・!」「「縮める」・・・能力・・・!」「そうか・・・あの瞬間移動は「距離」を・・・!」と能力の正体に気づくと、ユウキは「ご名答」「さっき切り落とした右手との「距離」を「縮めて」移動したのさ」と説明する。熊切が「一体・・・何人その手にかけた・・・?」「これほど能力を使いこなすまで・・・何人殺した・・・!」と問い詰めると、ユウキは「アンタはここまで一度も能力を使わなかったね」「俺に触れないと使えないか・・・戦闘に使えないショボい能力か」「能力こそ全て・・・!そんなこの場所で強い力をふるえる人間の気持ちは理解できないかな」と言い放つ。熊切が「ああ理解できんな・・・」「あんな連中が与えたものを何故平気で使えるのか・・・!」と返すと、ユウキは「外界じゃ金も学歴もないショボいバーテンの俺が!ここじゃ勝ち組どころじゃねえ、「支配者」だぜ!」「そりゃ楽しむだろ!!」「本来なら俺を見下し顎で使う立場のクソども!」「そいつらの命すら気分次第なんだ!最高じゃんか!」と言い切る。熊切が「やはり・・・クズめ」と言うと、ユウキは「ここが俺のいるべき世界だって心から思うぜ」「終わらせてたまるか」と距離を縮めて一瞬で熊切の背後を取る。

そして、熊切の周りを特殊繊維で囲っていく。

ユウキが「アンタの首はギロチンにかかった・・・!」「俺が合図を出せば繊維が縮まってスパリ・・・だ」「その手足じゃ何もできないだろ・・・?」「できるのは命乞いくらいだな」「この状況を乗り越える能力もないみたいだし」と告げていくと、熊切は「俺が貴様に言うことは一つだ」「貴様だけは絶対に許さん・・・!」と返し、ユウキは「あっそ、最後まで面白いオッサンだったね」「死ね」と能力を発動しようとする。が、その瞬間晴花が「やめてェェェェェェェ!!」と風を操りユウキに突撃する。

熊切が「突風を背に受けて加速を・・・!」「無茶な事を・・・!」と立ち上がると、ユウキが「まだ・・・他にいやがったか・・・!」「このクソガキ・・・!」「くたばれ!」と晴花にナイフを投げつけ、熊切がナイフから晴花をかばっていく。





お前は無敵だ

幼少期、熊切は入院しており兄がお見舞いに来ていた。

ビデオを観ながら熊切が「タケ兄すげえ!また勝ったんだ!」「俺の兄ちゃんが覆面レスラーのナイトマスクだって教えたらさ、看護師さんがサインほしいって」と言うと、タケ兄は「あんま人に言うなよ、一応ロンドンから来た正体不明の騎士レスラーなんだからよ」と返す。熊切が「いつかタケ兄のタイトルマッチ見に行けるかなァ」と寂しそうに言うと、タケ兄は「お前が行きたいのは観覧席じゃなくリングの上だろ?」「病気を治して俺とタッグ組むんだろ相棒!」と告げる。

が、タケ兄は事故に遭ってしまう。

看護師たちが「熊切くんの容態は?」「安定してます、移植は成功ですね」「でも気の毒ね、お兄さん」「真くんと同じ年頃の子をかばって巻き込まれたんですって」「臓器が無事だったおかげで真くんは・・・」「お兄さんは二人を助けた事になるのね」「真くんが言ってたけど本当にヒーローだったわ」と話していた。

タケ兄は眠っている熊切に「真・・・泣くなよ・・・大丈夫だ」「俺はずっとここにいる」「約束したろ、これからは俺とお前でタッグを組むんだ」「俺達が組めば無敵だって話したろ?」「だから大丈夫だ相棒」と語りかけていた。

現在、タケ兄が「あれからずっとお前は俺のために頑張ってくれたよな」「ここに来てからも・・・あんな組織の与えた能力を使い俺を失望させたくなかったんだろ」「でももういい、今の自分を見ろよ・・・答えは出てる」「お前は何に替えてもその子を守りたいんだ」「あの時の俺もそうだった」「それでいいんだ」「行くぜ、真!!」「俺達は無敵のタッグだって事をあいつらに見せてやれ・・・!」「真・・・お前は最強だ・・・!」と伝え、熊切はついに能力を発動していく。

熊切が「言ったはずだ、貴様を許さん・・・!」とユウキに向かっていくと、ユウキは特殊繊維を使うが今の熊切にはまったく効かなかった。

そして、熊切はそのままユウキの身体をつかみパイルドライバーを決めた。

能力を使ってユウキを倒した熊切は「やはり能力を使っても貴様の気持ちは理解できんな」と言い放つ。

晴花が「おじさんっ・・・!」「ごめんなさい!私のせいでナイフに・・・!」「手も・・・!どうしようこんなケガ・・・!」と駆け寄ると、熊切は晴花をかつての自分に重ね合わせ「泣くな・・・大丈夫だ」「反射的にお前の前に飛び出した時、ある大切な人の言葉が頭をよぎった」「その人は・・・俺にとって無敵のヒーローだったんだ」「その人のために・・・能力を使うまいと誓っていたが・・・」と話していく。

晴花が「おじさんも、おじさんだって・・・何度も私を助けてくれた」「私にとってヒーローだよ」と笑うと、熊切は「そうだな・・・もう迷いはない」「俺にこの「2秒」を与えた事を奴らに後悔させてやる」と誓っていった。

<<前の話 51話 次の話>>

あわせて読みたい
【出会って5秒でバトル】全話のネタバレ一覧こちらのページに出会って5秒でバトルのネタバレをまとめております。出会って5秒でバトルの最新話や過去の話を読みたい方はこちらのページをご...
▼LINE登録でお得な情報を配信中▼
友だち追加