出会って5秒でバトル

【出会って5秒でバトル】21話のネタバレ|アキラが緑チームに加入することを決める

出会って5秒でバトル21話のネタバレを掲載。21話では、アキラたちが赤チーム傘下のレッドドラゴンを退けていく。そして、アキラは緑チームに加入することを決める。出会って5秒でバトル21話のネタバレを読みたい方はこちらをどうぞ。

出会って5秒でバトル21話のネタバレ

最強の能力

レッドドラゴンの男が「「緑」の・・・後ろの二人を引き渡しな」「そうすればお前は見逃してやるからよ」と言い放つと、アキラは「早々にユーリと合流できたのは好都合だけど、厄介なオマケつきとはね」と面倒事に巻き込まれたことを訝しがっていた。

赤のメンバーの一人が「満さんっお、お、女の子が二人もっ僕こういうの好きです!」とテンションが上がっていると、満は「梶!おめえはバカか?」「あっちは男だ!詰襟だろうが!」とアキラを見て言い放つ。梶が「そ、そうなの松下さん??あれ男?」と聞くと、松下は「ンフフ・・・もし詰め襟の女の子なら激萌えですが、残念ながら男でしょうねェ」「肩幅や骨格はまごう事なく男子のものです」「まあ私くらいの上級者になればあんな可愛い顔して男の子・・・!?というのが逆に琴線にピーンとくるわけですが」と気持ち悪い発言をしていく。すると、満が「もういい!」「なぁ「緑」の・・・一人で俺らに抵抗できるとは思っちゃねェだろ」「俺達レッドドラゴンの最強能力コンボ「月華繚乱」・・・・!」「噂くらいは聞いた事あるよなァ・・・?」「喰らえば無事じゃすまねえぜ・・・」「ここは大人しく引いて別の新人探しに出る」「「緑」の利益を考えてもそれが正解ってもんだ」と言い放ち、アキラは「なるほどね」「あくまで交渉相手は俺達じゃない・・・って事か」と推測していた。

が、緑の男は「うちの利益な・・・」「まあ、理屈で言えばその通りなんやろな」「せやけど、うちのリーダーはあんたらとは考え方が違うんや」「「うちの利益」なんてほざいて、我が身かわいさに少年少女を「赤」に差し出すなんて、俺らのために身体張ってるリーダーに顔向けできるかい・・・!」と弓矢を構えていく。

緑の男が「えぇか、あんたら・・・」「俺が隙を作ってみせる」「そしたら二人で逃げ」「あいつら「赤」の連中にだけは捕まるな・・・!ええな・・・!」と二人を逃がそうと促すと、満が「ほぉ〜、弓ねぇ・・・」「そんなしょっぱい能力で俺達とやろうってのか」「てめえなんぞ「月華繚乱」を出すまでもねェ」「松下ァー」と松下に指示を出し、松下は「たしかに私だけで十分・・・」「おまかせあれ」と言うと右手を大砲に変化させる。

ユーリが「アキラ・・・あいつもあんたと同じ大砲を・・・」とつぶやくと、満は「ハハハ!そうよてめえらもよく知ってんだろこの大砲!」「この最強の能力から逃げられると思う・・・な・・・あ?」「「同じ」・・・?」と気づき、アキラは「ああ、俺も大砲の能力だけど?」と右手を大砲に変えぶっ放す。

満が「あのガキィっ、まさか大砲とは・・・」「絶対捕まえろ!できなきゃいっそ・・・」とアキラに向かって走り出すが、緑の男が弓を放ち行く手を阻み、「いまや!逃げるで!!早よ!!」と逃走を促した。

満が「くそがァ!!絶対逃がすな!!」「松下!あのガキ撃てェ!!」と指示し、松下が大砲を放つとアキラは「待ってたんだよ、砲撃を」と迫りくる大砲の弾に向けて大砲を放ち爆発を引き起こす。

満が「くそっ、あのガキ信じられねえ!」「松下の砲撃に自分のぶつけて爆発させるとは・・・」「まだ遠くには行ってねえ!追うぞ松下!」と指示するが、松下は顔面蒼白で「フフフ・・・ええ不覚です・・・申し訳ない」「爆発にビビッて腰が抜けました・・・!」と生まれたての子鹿のように足が震えていた。

梶が「ま、松下さんいないと怖くて戦えないよう」「そういうの好きじゃない・・・」と言うと、もう一人も「満・・・俺もまだ能力使えないし追っても・・・」と告げ、満は「新入りに大砲持ちがいる・・・」「でも、それを取り逃がした」「報告しねえ訳にはいかねえが、誰が報告すんだあのボスによォ!?」と恐怖を感じていた。



オレは「緑チーム」に入るよ

レッドドラゴンから逃げおおせたアキラとユーリに緑の男が「よし・・・追ってはけえへんみたいや」「アホ共の一人は「仲間の身体能力を高める」能力やから、キミが大砲持ちでも長引く集団戦は避けたかった」「うまく逃げられてよかったわ」と説明していく。

ユーリが「そんな能力あるならなんで使って追ってこねーの?」と不思議そうに聞くと、緑の男は「だってそれは・・・え、知らんの?」「知らんとここまで・・・怖いなぁ」「大抵の能力にはなんらかの成約があるんや」「連続使用回数、クールタイム、射程距離etc・・・」「まぁ中には制限なく使えたら無茶苦茶な能力もあるからね」と言うと、アキラは「ほら・・・熊切の「無敵になる」能力とか」と捕捉する。

緑の男が「そっちのキミは見当ついてたみたいやな」「助けられたのに・・・礼どころか自己紹介もまだやったな」「俺は斉藤克也や」と名前を名乗ると、アキラは「礼なんていいよ・・・それに俺達を助けようとしてくれたのはそっちだろ?」「あの連中・・・俺達本人の意志は聞こうともしなかった」「問答無用で連行する気だったって事だ」「何が目的か・・・行った先で何があるかは大体想像着くけど、とにかくろくなもんじゃない」「だから、あんたは俺達を守るため躊躇もなく全員の前で能力を見せ戦おうとした」「今だって惜しみなく情報を与えて助けてくれる」「それを強引に使う事もできるのに・・・」「たとえ仲間じゃなくても・・・「赤」の連中から守るために」「それがあんたの・・・いや、あんたのリーダー「緑」の理念」「俺達は白柳啓と天翔優利」「こっちこそ礼を言うよ・・・ありがとう」と礼を告げる。ユーリが「ねえ、さっきから言ってる「赤」とか「緑」って何?」と素朴な疑問を口にすると、斉藤は「派閥の事や・・・」「この3rdプログラムでは大抵が徒党を組んでチームを構成しとる」「俺は緑チーム、奴らは赤」「この「赤チーム」がヤバいんや・・・洒落にならん能力で頭も切れる二人が仕切って無茶しとる」「こいつらに抵抗するために他の派閥ができたと言っても過言やない」「俺のミドリームもな」と説明すると、アキラは「そういえばさっき・・・その「緑チーム」に俺を勧誘したんだよね」「連れていってくれる?あんたのリーダーのところに」「俺は「緑チーム」に入るよ」と伝えていく。

<<前の話 21話 次の話>>

あわせて読みたい
【出会って5秒でバトル】全話のネタバレ一覧こちらのページに出会って5秒でバトルのネタバレをまとめております。出会って5秒でバトルの最新話や過去の話を読みたい方はこちらのページをご...
▼LINE登録でお得な情報を配信中▼
友だち追加