出会って5秒でバトル

【出会って5秒でバトル】182話のネタバレ|天那の能力《経津主》最終形態がやばいwwwww

出会って5秒でバトル182話のネタバレを掲載しています。概要や個人的に注目したいポイントをまとめているので、182話の内容をサクッと知りたい方はご覧ください。

出会って5秒でバトル182話のネタバレ

ユーリは五倍化の力で天那の針金で巨大化させた拳を吹っ飛ばす。

天那がハリガネムシを放つと、ユーリは人間離れした体技でハリガネムシを弾き飛ばした。

針金の大蛇も難なく迎撃する。

ユーリがハリガネムシを天那に蹴り飛ばすと、天那は針金でガードした。天那はユーリの強さは五倍能力ではなく、戦い慣れた経験値にあると改めてユーリへの認識を変えていった。

モニタールームで監視するラウィールもユーリの強さに驚き、ペルコもユーリの強さを認めていた。魅音が「じゃあ二人ともユーリちゃんに賭けるって事でおけー?」と聞くが、ペルコは賭けには乗らず「そもそも何を賭けるんや?」と尋ねた。魅音は星野を見て「彼の《恩寵》なんてどう?」と提案する。

星野の処分は決まっているが、代理までいなくなると《第六の恩寵》が不在になってしまい、最終プログラムに不都合が生じると魅音が説明する。ペルコは星野の穴は佐藤さんが決めるのではと言うが、魅音は「プログラムそのものを左右する事態が起きた場合、全監視人で討議し対処を決定すること」という佐藤の言葉を引き合いに出した。星野の恩寵を巡って監視人同士でモメるのは必然なので、魅音が「賭けに勝った監視人が最終プログラムで彼の《恩寵》を預かる」という案を押し通そうとすると、他の監視人たちは「何を企んでいる?」と怪しみながらも賭けに乗った。

ラウィールは天那、そしてペルコも天那に賭けた。ウロモフはレオンハルトを追い詰めた実績からユーリに賭けることにした。ペルコがユーリには天那に絶対に勝てない理由があると言い切ると、ガナシャも同様の理由で天那に賭けたと話す。

天那は最初は触れた針金を動かしたり飛ばしたりできるだけだったが、KILL数を稼ぐにつれて能力の幅が広がり、今ではハリガネで動物を象れば命令を与え自動操縦できるようにもなったと語る。

ガナシャはユーリの敗因はKILL数を稼いでこなかったことと言い切った。天那はこれまでに最多の17KILLをしており、最大限強化された「針金操作」の能力の前には五倍能力でも太刀打ちは不可能と考えていた。

ユーリの前に大量のハリガネを纏った天那が立ちはだかり、「これが私の《経津主》の真の能力・・・」と告げる。

<<前の話 182話 次の話>>

あわせて読みたい
【出会って5秒でバトル】全話のネタバレ一覧こちらのページに出会って5秒でバトルのネタバレをまとめております。出会って5秒でバトルの最新話や過去の話を読みたい方はこちらのページをご...
▼LINE登録でお得な情報を配信中▼
友だち追加