出会って5秒でバトル

【出会って5秒でバトル】171話のネタバレ|香椎鈴が拘束される

出会って5秒でバトル171話のネタバレを掲載。171話では、燈夜と晶の過去が描かれていく。燈夜は仲間たちと最終局面の話し合いをしていた。出会って5秒でバトル171話のネタバレを読みたい方はこちらをどうぞ。

出会って5秒でバトル171話のネタバレ

部下に「燈夜さん、そんなに急いでどちらへ?」と尋ねられると、若き日の燈夜は「息子が生まれたんだ」と答えた。

病院に向かった燈夜が「晶・・・無事に終わってよかった」と声をかけると、妻の晶は「ありがとう燈夜さん」「ほら・・・この子よ」と生まれたばかりの赤ん坊を見せた。

燈夜が「なんだ・・・キミの三つの涙ボクロは遺伝しなかったな」と残念そうに言うと、晶は「してたら母子のい〜い目印になったのにねぇ」と笑う。晶が「それでね、名前のことだけど・・・」と切り出すと、燈夜は「もう決めただろ?そっちが提案したんじゃないか」「もし生まれるのが女の子ならキミが絶対つけたい「魅音」と名付ける、その代わり男なら私が決めていいと」と話した。晶が「いやそうだけどさ〜」「男の子なのにお母さんと同じ名前ってどーなんだろーって」「この子がイヤじゃないかなぁ」と言うと、燈夜は「世界一の母親と同じ名前だ、きっと誇りに思う」と言い切り、晶は「またマジ顔でそんな事言うんだから」と照れる。

燈夜が「それに・・・キミが産んだ・・・キミと同じ名前の子なら一生愛して一生守ると誓える」と真面目な顔で言い切ると、晶は「ありがとう燈夜さん」「じゃあ決まりね」「お父さんとお母さんよ、よろしく啓・・・」と赤ん坊を抱き締めていった。

現在、雨の降りしきる中晶の画像を見ている燈夜に九龍が「燈夜、確認させろと言っておる」「ワシは以前聞いたな・・・お前の息子を殺す許可を出せるのかと」「お前は息子がリタイアしないならと答えた」「つまり、もう覚悟を決めたと思っていいんじゃな?」と尋ね、燈夜はスマホの画面を消し「最後のメッセージはあいつに伝えた」「それでも戦うのなら・・・私は殺すよ、たとえ息子でもな」と答えた。

燈夜が「九龍・・・お前が接触した天翔優利と霧崎円もおそらくアキラと共に戦うだろう」「参加者はもう残り少ない・・・アキラ達を倒せば最終プログラムへ行くための6人がほぼ決まる」と話すと、疎は「燈夜さん・・・もしかしたら・・・僕は最終プログラムへ行く必要はなくなるかもしれません」「見つけたかもしれないんです、僕の穴を埋めてくれる女性を・・・」と両手を拘束された香椎鈴を頭の中に浮かべていた。

 

とある病院で二宮が目を覚ます。

二宮が「痛てえ・・・俺達は負けたのか?」と尋ねると、ののんは「・・・うん」と答えた、二宮が「でも・・・だったらなんで生きてんだ?」と聞き、ののんから事情を聞かされる。二宮が「くそ・・・俺が呼んだ九龍は助けてくれなかったのか、むしろあのガキどもが俺達を・・・?」「だとすればもう九龍達と最終プログラムに進むことは無理だよな、ここでこうしているのも危険だろ・・・」と話すと、ののんも「わかってる・・・でもニノぴが目覚めるのを待ってたの」と残念そうに伝えた。二宮が「リタイアするんだな?お互いを忘れても」と察していくと、ののんは泣きながら「わかってる・・・自業自得だって」「ののんが・・・ニノぴを信じなかったからこうなった」「でも・・・ニノぴに忘れられる前に・・・どうしても最後に言いたくて」「ごめんね・・・一緒にいてくれてありがとう」と伝え病室を出ていこうとする。

二宮が「ののん・・・」「リタイアしたら・・・その場で記憶がなくなるのかどうなのかわからないが、お前も俺も・・・ここで一緒にリタイアするっていうのはどうだ」「こんな能力じゃなく・・・本当に・・・赤い糸で結ばれてるんならよ」「もう一度・・・運命の出会いからやり直せばいいだけさ」と伝え、一緒にプログラムから離脱する道を選ぶ。

ののんが「この気持ちは忘れないよ」と言うと、二宮も「ああ・・・きっとな」と返し、二人は消えていく。

看護師の一人が「ねえ・・・ちょっとこの病室にいた頭部裂傷の患者は?」と聞くと、別の看護師から「この病室にそんな人いました?」と返される。看護師が「いたでしょほら・・・水族館の事故で運ばれてきた・・・カップルの」と言うが、メガネの看護師は「水族館の事故で?」「事故のあった水族館は誰も運ばれて来てませんよ、カルテもありませんし」と言い、看護師は「あれー?」「おかしいな・・・確か患者がいたと思ってたんだけど、そう言われたらそんなのいなかった気が」と二宮たちの記憶が無くなっていた。

一方、アキラたちは霧崎の祖母の知り合いの道場に来ていた。

ユーリが糸が消えたことに気づき「アキラ・・・気づいたか?糸が・・・」と声をかけると、アキラは「ああ・・・あの二人がリタイアしたんだ」「彼女たちはそうするしかないから・・・こうなると思ってた」「このままじゃ素性を知ってる親父に狩られるだけだから・・・」と返した。

ユーリが「アキラ・・・大丈夫か?」と尋ねると、アキラは「病院のことで・・・わかっただろ?」「あれが・・・俺の親父なんだ」「クレアさん達や・・・北島を・・・あんな風に殺して、りんごも殺されるところだった」「あれは全部・・・俺へのメッセージなんだ」「親父に・・・友達が・・・仲間が出来たと言ってしまったから」「だからアイツは・・・俺からそれを奪ってわからせようとした・・・!」「降参しなきゃこうなると思い知らせるために・・・!」「そのために皆を・・・!?」と憤りを露わにする。ユーリが「アキラのせいじゃないよ・・・」と言うと、アキラは「俺は諦めない」「もう親父と殺し合いをすることになっても構わない」「だけど親父もきっと諦めない、俺の一番大切な人を見つけて奪うまで」「ユーリのことだよ」「俺が・・・母さんを死なせたように、親父はユーリを殺すつもりなんだ」と語っていった。

<<前の話 171話 次の話>>

あわせて読みたい
【出会って5秒でバトル】全話のネタバレ一覧こちらのページに出会って5秒でバトルのネタバレをまとめております。出会って5秒でバトルの最新話や過去の話を読みたい方はこちらのページをご...
▼LINE登録でお得な情報を配信中▼
友だち追加