出会って5秒でバトル

【出会って5秒でバトル】166話のネタバレ|ハリガネグモの襲撃で郡山・鬼土が死亡

出会って5秒でバトル166話のネタバレを掲載。166話では、クレアたちがハリガネグモの襲撃を受けていく。郡山と鬼土はハリガネグモの襲撃で息絶えてしまった。出会って5秒でバトル166話のネタバレを読みたい方はこちらをどうぞ。

出会って5秒でバトル166話のネタバレ

突然の襲来に驚いたクレアが「ネ・・・ネズミじゃない・・・何よこれ・・・!?」とハリガネグモに銃を撃ち出す。

その間に郡山はハリガネグモに襲われる。

が、郡山は「た・・・助・・・」「助かった・・・!この虫が・・・金属でできていたおかげで・・・!」「何なんですこれは・・・!?」と自身の金属の強度を変える能力でハリガネグモを無効化し急死に一生を得た。

クレアがハリガネグモに発砲を続けると「へ・・・部屋の壁に・・・穴・・・!?」「あそこから湧いてきてる!わらわらと・・・」と穴を発見する。

鬼土が「敵の攻撃だぜ・・・!しかも最低二つの能力、二人の敵だ・・・!」「下がってろ、まずそのクソ穴を閉じる!」「何かの能力で作った穴の「円」ならば俺の能力で小さくできる!」「発動!!」と円を小さくする能力を発動し穴は塞がれた。

鬼土が「おし!これでもう新しくは入ってこれねえ、次の攻撃が来る前にさっさと病院を脱出・・・」と伝えようとするも、ソファの背後からズル・・・という音が聞こえ、ハリガネ大蛇が姿を現す。

クレアが銃を乱射するが大蛇には効かなかった。

郡山が「こ・・・これも金属・・・針金の大蛇・・・!?」「金属なら触れれば柔らかく出来るが質量は変わらない、あの重さで潰されたら・・・!」「でもやらないと!銃弾が効かないなら私の能力しか・・・!」と自分が対応しようとするが、忍び寄っていたハリガネグモにすでにやられてしまっていることに気づく。

郡山が「き・・・鬼土・・・くん・・・」「蛇の動きを・・・止め・・・」と弱々しく告げると、鬼土は「くそォア!!」「円よ小さくなれ!!」と大蛇を鎖で捕えるが、大蛇の力で投げ飛ばされてしまう。

鬼土の首元にハリガネグモが迫り、「・・・!」「ちくしょう・・・ざまあねえ」「なんで郡山のおっさんのようにひとおもいに殺らねえんだ・・・!?」と疑問を口にすると、クレアは「動かないで鬼土・・・」「この敵には何か目的があるのよ・・・だから金属に対応した郡山さんを真っ先に排除した」と考えを伝えた。鬼土が「おっさんの能力がなければもう怖かねえってことかよ」「俺を何かのための人質にするってのか・・・?ふざけやがって」と納得いかずにいると、クレアは「落ち着いて・・・これはチャンスよ、絶対に助ける・・・!」「動かなければ大丈夫」と声をかける。が、鬼土は「クレアさんよ・・・俺・・・わかってたんだ・・・」「シソや・・・猪瀬のじいさんが・・・死んで・・・アンタがぜんぶ背負いこんでたのも」「でもバカだから・・・何言っていいかわかんなかったし・・・《厄災》に残るつもりの俺を連れ帰ったアンタに素直になれなくて・・・」「今のうちあやまっとく・・・ごめん」「それとアンタは何も間違ってない、俺がバカなだけだ!!」「ああ、最期くらい認めてやらあ!」「アキラ達ならこのクソゲームを終わらせられるかもしれねえ!!」「だから!!」「アンタは俺達の代わりに見届けてくれ!!」と大蛇に飛びつき、「「円」ができたぜ・・・!」「円よ、小さくなれ!!」と能力を発動し大蛇を倒していく。

鬼土は「ざまあみろ・・・全滅だ・・・!」「この際に・・・逃げ・・・ろ・・・」とその場に倒れ込んでしまった。

床に倒れていた鬼土と郡山を見てクレアが「そんな・・・こんな事・・・」とつぶやくと、「気にするな・・・もとより一人だけの予定だった」「役割を与えて生かすのは・・・な」と燈夜が現れた。

<<前の話 166話 次の話>>

あわせて読みたい
【出会って5秒でバトル】全話のネタバレ一覧こちらのページに出会って5秒でバトルのネタバレをまとめております。出会って5秒でバトルの最新話や過去の話を読みたい方はこちらのページをご...
▼LINE登録でお得な情報を配信中▼
友だち追加