出会って5秒でバトル

【出会って5秒でバトル】165話のネタバレ|香椎鈴が疎に敗北する展開に!?

出会って5秒でバトル165話のネタバレを掲載。165話では、香椎鈴が疎の能力の発動条件を見破っていく。が、香椎鈴は発動条件を見誤ってしまい、疎に追い詰められてしまう。出会って5秒でバトル165話のネタバレを読みたい方はこちらをどうぞ。

出会って5秒でバトル165話のネタバレ

「穴」

疎は「・・・「穴」」「自分には見えない」「「心臓」のどこかにぽっかりと穴が空いていて、そこから「何か」が漏れてしまい失ったのだろうと思っていた」「他の人なら誰もが持っているであろう「何か」、それを自分だけが持っていない」「足りない、漏れてこぼれてしまったから」「足りないから補充しなければ」と考えていた。

疎が「香椎鈴さん・・・知りたい」「あなたの血の事が」と言い放つと、香椎鈴は「見極めなければ勝てない・・・彼が穴をあける発動条件を・・・!」「彼の言動のすべてを見逃さず分析するのよ・・・!」「まずは・・・ここまでの戦いで彼から引き出した確かな事が一つ」「「視認」・・・に関する発動条件ではないという事・・・」「姿を見せる前から私の足元に穴を開けたり、自分の背後に穴を開けたりもしていた」「「直に見ていない場所にも穴を開けられる」能力」「これは逆に言えば「視界内なら何処でも穴を開けられる」といった能力ではない事を示唆している」「見えない場所にも穴を開けられるなら視界は関係ない・・・だとしたら彼がわざわざ姿を表した事には別の理由がある・・・!」「私に「敬意を示すため」だなんて囁いてたけど、ヒット&アウェイで戦うくせに再び姿を隠して距離を取らないのは「リスクを負っても接近戦のほうが都合が良い」のよ・・・つまり発動条件に関わっている」「そしてもう一つ、考慮に入れなければならない確かな事」「彼はアキラ君の父親の刺客・・・!」「実際に彼と会った時の印象・・・直感ではあの父親は息子に輪をかけて慎重で周到・・・人を欺くのが得意なタイプ」「その彼がアキラ君不在のこのタイミングで隠れ家の病院を突然襲ってきた・・・それを偶然と考えるわけにはいかない」「もし前からこの場所を知っていて十分な準備と機会をはかってのことだとしたら」「議事堂での私達との戦いを避けたのは息子の仲間だから躊躇った・・・のではなく、あの場に自分たちの内通者がいたから・・・?」「さらにその内通者がこの病院が私達の隠れ家というだけでなくこの病院の構造や侵入方法、誰が何人いるのか、すでに私たちの能力まで知り得る限り漏らしているとしたら・・・!」「ずっとあった獅子堂への違和感はこれか・・・でもいつから接触してたの?」「あれも最初からすべて知っている上での発言」「私に対して武器を用意せず格闘だけというのも得心がいく」「私の能力を知ってたのなら、ちょっぴり身を削ってても試してみるしかない・・・!」と思考し、「第二ラウンド、いくわよ♡」と槍を生成し繰り出していく。

疎が躱しながら「これは穴を警戒して気付かせないよう牽制?」「それとも逆に僕が穴を使い懐に入るよう誘っている・・・」「彼女は油断できない・・・企みが読めない時は近づかずに対処する・・・!」と判断し、手の平の穴から槍を受け止め、別の穴で香椎鈴を攻撃する。

疎が「違う・・・!これが狙いか」「僕に反撃させ血を流しつつ先を取りたかった・・・!」と香椎鈴の読みに気づくと、香椎鈴は「答えを知るには、身を削って血道を上げなきゃね・・・♡」と血を飛ばして刃を生成する。

疎が躱した隙に距離を詰め刃で攻撃するが疎は穴に逃げ込む。

疎が「惜しい・・・ですが何度やっても僕を捉える事は出来な・・・」と言いかけると、香椎鈴は近くの小部屋に逃げ込んだ。





僕にしか見えないから

それを見た疎が「今の攻撃は逃げる隙を作るために!?」「いやありえない!あそこに逃げ込むのは・・・」「情報ではあのドアの先は物置・・・行き止まりの小部屋のはず!」と香椎鈴の本意がわからずにいると、香椎鈴は「さあ、獲物が自ら追い詰められたわよ・・・ドアを蹴破って入ってくる?」「でも今度は待ち構える私の方が一手早い・・・!」と考えていた。疎が「知らずに窮して飛び込んだ・・・?いやまさか」「早すぎるが・・・まさか・・・もう答えに辿り着いた・・・?」「ネズミか・・・」と考えていると、香椎鈴は「無理よね・・・だけど解決策はカンタン、この部屋にも「穴」を開けて攻撃すればいい」「今の私は袋のネズミだもの」「ただし・・・袋は「おそらく私が逃げ込む可能性は100%ない」と思っていたはずの部屋」「もし穴を開けて入ってこないのだとしたら廊下では発動条件を満たせないという事になる・・・!!」と分析していた。疎が「ダメだ・・・いま香椎鈴がいるあの部屋に穴を開けることはできない・・・」「いや・・・」と何かに気づくと、香椎鈴の足元に穴を生成していった。

が、香椎鈴は「やっぱり思った通り、そこに穴を開けたわね」「待ち構える私の方が一手早い・・・!」「この事は知らなかった?ビニールは体を縛ったり窒息させたり拷問にも使う・・・!」とビニール袋で疎を拘束していく。

香椎鈴が「そしてやっと見えてきたわ、あなたの能力も」「あなたの腕の血・・・最初の槍で傷ついたのよね・・・?手応えあったもの」「だけどどうして?私の能力を聞いていたならあの攻撃を予測できたはず」「もしかしてと思ったの、あなたは自分が血をながしても不審に思われないようにわざと一撃目を喰らったんじゃないかと・・・さっきの私みたいにね・・・」「だから今度はあなたのケガした腕をしっかりと注意して見たわ」「あなたは後方に穴を開けた時、自然な動きを装いながら血を背後に落としていた・・・!」「私の能力を知っていながら血について言及したのも・・・血を警戒しているように見せて「血に注意を払って当然」だと思わせるため・・・」「そんな事をする理由は一つ、自分の能力の発動条件でもあったから」「あなたの能力は「血痕から穴を開ける能力」・・・!」と言い切った。

香椎鈴が「この病院は訳アリの人間しかいない闇病院」「ケガをしてても救急車で運べないような人間がやってくる」「汚れた廊下の床や壁には染み込んだ血の跡だらけだとあなたは事前に知っていた」「普段見ない天井に誰かが事前に血をつけておくことも可能」「おそらくそれが自由自在に穴を開けられたトリックの正体、ケガ人は入らない倉庫の小部屋以外には・・・ね」と説明を続けると、疎が「槍でわざと腕を切ったのは・・・僕を攻撃するための出血ではなく・・・」と言い、香椎鈴が「最初のあなたと同じだけど狙いは逆ね、あえて印象付けるため」「「血痕」の推論が当たっていればその血を利用して穴を開けてくると思ったから」と分析を語った。疎が「素晴らしい・・・尊敬します・・・」「こんなに早く・・・答えに辿り着くなんて・・・」と言うと、勝利を確信した香椎鈴が「ありがとう・・・でももうサヨナラね」とトドメの拷問具を生成するが、疎は「ええ・・・残念です」「答えに辿りついたがゆえに・・・あなたは僕に敗北した」と足元に大きな穴を出現させた。

下のフロアに落下した香椎鈴が「床に血はもうなかった!」「新たに血を落とさせないようビニールで包んだのに床を蹴っただけでどうして穴が・・・!?」「読み違えた・・・発動条件は「血痕」じゃない・・・!!」「彼が血痕から穴を開けた事は間違いない!だけど・・・実際の発動条件はそうじゃない?」「いったい・・・」と考えていると、疎に蹴りを入れられ肋が砕けてしまった。

疎が「そう・・・「血痕」が発動条件・・・それは僕の考えた偽りの答えです、万一に備えて自らも「血」が能力に関わるあなたを思考誘導するために」「あなたが僕の想像よりも優秀で危険だった場合に備えて・・・」「そう・・・あなたが劣っていたから間違えたのではない」「なぜなら僕が穴をあけるための発動条件は僕にしか見えないから」「見えない人間は解き明かせない・・・裏技のようなもの」「それでも優れた人間が勝つために答えを導き出そうとすれば私が用意した誤った答えに辿り着くしかない」「あなたを尊敬します・・・」と語ると、香椎鈴は意識を失って倒れてしまった。

<<前の話 165話 次の話>>

あわせて読みたい
【出会って5秒でバトル】全話のネタバレ一覧こちらのページに出会って5秒でバトルのネタバレをまとめております。出会って5秒でバトルの最新話や過去の話を読みたい方はこちらのページをご...
▼LINE登録でお得な情報を配信中▼
友だち追加