出会って5秒でバトル

【出会って5秒でバトル】162話のネタバレ|九龍の強さが最強すぎる

出会って5秒でバトル162話のネタバレを掲載。162話では、九龍が喰奴の能力を発動し、3人同時に相手にしても圧倒する。九龍との戦いがひょんな形で決着を迎える!?出会って5秒でバトル162話のネタバレを読みたい方はこちらをどうぞ。

出会って5秒でバトル162話のネタバレ

このままじゃ勝てない

ユーリが「アキラ・・・あいつ何のこと言ってんだ!?」「まさか本当にアキラのパパが・・・」と聞くと、アキラは「ユーリ・・・あいつをここで倒すぞ」「親父を見つけるためにも・・・ここで逃がすわけにはいかない・・・!」と言い切った。

一方、九龍は「さあ、試してみい!」と《喰奴》を発動する。

霧崎が「ほざきやがれ!」と切りかかると、九龍は「第一の龍、右龍《真剣師》!!」と何でも切れる剣を受け止めた。

霧崎はまさかの展開に驚き「さっきは切れたのに・・・俺の剣で切れねえ・・・!?」「つまりこの剣も・・・!」と推測していると、九龍が「「何でも切れる剣」じゃろ?」と霧崎の剣を押し返した。アキラが「行くぞユーリ!」と声をかけ3人がかりで九龍に挑みかかるが、九龍は「第二の龍!!」と念じ、影を通して霧崎に刃で攻撃していった。

九龍がナイフを放つと、今度はドアノブの影を通してアキラにナイフが飛んでくる。

九龍は左龍《夜兎》を発動していると、ユーリは「か・・・影を通して・・・」と能力の全貌を把握しきれておらず、霧崎も「攻撃するだと・・・!」「剣の能力だけじゃねェのか!?」と九龍の底知れなさを感じていた。

アキラが「コンクリに根本まで刺さってる・・・」「これは霧崎と同じ「何でも切れる剣」」「だとしたらなんで手から離れても木に戻らない・・・!?」「それに今見せたあの能力は・・・」「そうか・・・!九龍、お前の能力は!」と九龍の能力を理解していくと、救急隊員が現れる。

すると九龍が「時間切れのようじゃな」「ま、こんなとこじゃろう」「余計な連中を巻き込むつもりはないのは同じじゃろ?」「なに、どうせ近いうちにまたやることになる」と言い放つと、アキラは「親父は・・・俺とやりあうつもりなんだな、本気で・・・!」と確認し、九龍は「言ったじゃろ・・・お前たちはもう逃げられん」「三度目の正直じゃ、次はどちらかが死ぬまでやるぞ、燈夜の倅」と告げその場から姿を消していった。

九龍がいなくなった後、アキラが「三人がかりで倒せないなんて」「これで俺が複数の能力を使う事も・・・ユーリや霧崎の能力も親父に知られてしまった」と不安に感じ、霧崎も「あの野郎の能力は何なんだ・・・!?」「俺と同じ何でも切れる剣と同時に別の能力も」「剣の腕もジジイのほうが上だってのか・・・!コケにしやがって」と無力感を感じ、アキラと霧崎同様にユーリも「手も足も出なかった・・・!」「霧崎と違ってあたしはずっと能力に頼ってきただけだ」「でも、それだけじゃ超えられない壁が来る・・・!!」「このままじゃ勝てない・・・!」と3人は同時に同じことを考えていた。

「もう一つの戦い」

そして立ち去った九龍は「くっくっく・・・燈夜の倅とその仲間か」「間違いない、あやつらがワシらを阻む最後の敵となるのは」「不可抗力ではあったが剣の小僧の能力を「食った」のは好都合かもしれんな」と考えていた。

第一監視人チーム九龍の能力《喰奴》は、攻撃として喰らった能力を一部「喰らって」自分の能力にする事が出来る能力・・・!!食った能力をストック出来るのは「右龍」と「左龍」にそれぞれ一つずつ(食うか食わないかは喰らった瞬間に九龍の意思で選択する)。もともと食える能力は一つだったが、4thプログラムでKILLを重ねた結果能力が強化された。新たに「一つ食う」と古い左龍の能力から消えて新たな能力が右龍に追加される。その時から九龍が認識するようになった能力ダイアルは九龍以外には視認できない。

九龍は、九龍はこの能力を心から気に入っていた。《喰奴》はどんな能力にもある弱点を排除して都合のいい部分だけ利用できる強力無比な能力・・・。だが、気に入ってるのはその部分ではない。どんな能力にもある弱点。九龍が《喰奴》を気に入ったのは《喰奴》を発動させ能力を「食らう」選択をした際、その時受けたダメージは体内の深奥に刻まれ二度と消えない。諸刃の剣、能力の弱点であった。

それを承知で九龍はあえて何度も攻撃を喰らってきた。能力とともに身体に刻まれた苦痛は常人なら発狂死するほど積み重なっている。いずれ臨界点を超え肉体は崩壊する。九龍は「この分じゃ近いのぉ・・・あと何回食えるか・・・」「構わんよ・・・最終プログラムに行った後ならば」「目覚めた当初は死んだはずの己を蘇らせた何者かを許せなかったが、苦痛を抱えていくこの能力と燈夜との出会いにこれは天命だと考えを改めた」「そうだ・・・このワシはただ死ぬなど許されん」「骨を砕き肉を裂き、苦痛と血の中で死ぬべきだ」と考えるようになった。

どこかの森の中で九龍は、一人の少女の亡骸に静かに布をかけていた。

燈夜は「九龍、死んだはずの私達が蘇り超常的な能力を与えられた」「奴らの力を利用すればあり得ると思わないか」「私たちが望む人間を蘇らせることも・・・」と伝えていた。

九龍は「待ってろ桃蓮(タオレン)」「もうすぐじゃ・・・今度はお前のために・・・ワシらの邪魔をする連中は全員道連れにして逝く」と狂気の姿を見せていく。

かたや敗北感と新たな決意。かたや死の予感と最期の決意で幕を閉じたアキラ達と九龍の戦いの裏で、別の場所で「もう一つの戦い」が静かに行われ、そして終わっていた・・・。これを「戦い」と呼べるのかはわからないが・・・。

九龍が水族館を去る十数分前。大宮外科にてクレアが「アキラ達遅いわね・・・」「大丈夫かしら?無事を確認した方が・・・」と不安を感じているが、鬼土は「二人で寄り道して遊んでんだろ」「ほっとけよ奴らは馬鹿じゃねえ」と言い放った。

郡山が「あの二人って付き合ってるんですかね?」と聞くと、鬼土は「そうじゃねえの?しらねーけど」と興味なさそうに返すが、「うーん、それはどうかしら」「あの二人は見た目より子供だから」と香椎鈴が部屋に入ってくる。

香椎鈴が「アキラくん達留守なのね」「私がいない間に獅子堂ってここに戻った?」と尋ねると、鬼土が「いいや見てねぇぞ」「あんたこそどこ行ってたんだ?」と返し、香椎鈴は「ちょっとね♡」と部屋を去っていった。鬼土は「あやしい女だぜ」「一応仲間らしいがアキラ達も信用してないみたいだしな」と心からの信頼はなかった。

香椎鈴が「アキラ君が目を覚ました日から姿を消した獅子堂・・・」「どこを探っても行方は掴めない・・何故かしら・・・何故かそれが気になる」「獅子堂がリタイアしたなら記憶をなくした獅子堂がすぐに見つかるはず」「リタイアしないならアキラ君達とここにいるのが安全なのに、獅子堂が突然姿を消して身を隠した理由が何かある」「目覚めたアキラくん、アキラくんの父親、このあたりと繋がる気がするんだけどな・・・」と考えごとを終え顔を上げると、奥の通路を歩く燈夜の姿が目に入った。

<<前の話 162話 次の話>>

あわせて読みたい
【出会って5秒でバトル】全話のネタバレ一覧こちらのページに出会って5秒でバトルのネタバレをまとめております。出会って5秒でバトルの最新話や過去の話を読みたい方はこちらのページをご...
▼LINE登録でお得な情報を配信中▼
友だち追加