出会って5秒でバトル

【出会って5秒でバトル】139話のネタバレ|熊切がゾンビに感染!?

出会って5秒でバトル139話のネタバレを掲載。139話では、アキラを助けた熊切が一人鬼の大群に立ち向かっていく。が、さすがの熊切でも太刀打ちできず、鬼に噛まれゾンビに感染してしまう!?出会って5秒でバトル139話のネタバレを読みたい方はこちらをどうぞ。

出会って5秒でバトル139話のネタバレ

「天使」

城を目指す参加者がレオンハルトに襲撃されていく。

一方、熊切は鬼の大群を相手にしていた。

熊切は金剛手を発動しながら「アキラ・・・やはり伝えておくべきだったかもしれん」「万年青の言葉に動揺していたお前にすぐ話す事ができなかったが、万年青が俺に・・・何を語ったのかを」と万年青との会話を思い出していた。

万年青が「あんたが知りたい事を教えてあげるよ」「すべてを聞いた時あんたは言うはずだ、俺の仲間になるとね」と伝えると、熊切は「聞けば答えるというのなら聞いてやろう」「「万年青伊織」、貴様は何者だ」と直球な質問をぶつけると、万年青は「そうきたか・・・あんたと同じ参加者だけど・・・」「わかってる・・・わかってるよ」「ちゃんとあんたが知りたい事を教える」「確かに俺はあんた達が知らない事も知っている・・・」「それは俺は前回のプログラムを知っているからだ」「このプログラムは何度も何度も繰り返されているんだ・・・何百年・・・何千年と・・・」「人に「能力」という恩寵とともに試練を与え、「彼ら」はその一部始終を監視する・・・だから「監視人」だ」と説明した。

熊切が「奴らは・・・一体・・・何者だ・・・なぜそんな事を・・・」とさらに質問をぶつけると、万年青は「さあね・・・それは彼らに聞いてみないと」「ただ・・・監視人が姿を見せる時、必ずこれも現れる」「だから・・・中には彼らをこう呼ぶ参加者もいた」「「天使」・・・と」と天使の羽を見せながら伝えた。





俺達には意思がある

万年青は「案外逆かもね・・・」「大昔のこのプログラムの参加者が監視人の事を人々に伝えて、それが「天使」だからとか伝説だとかって形で今に伝わったのかも」と伝えており、現在熊切が「俺は万年青という人間を信用していないが、あれは戯言や世迷言ではない」「アキラ・・・俺にはわかった」「奴の言う通りこのプログラムも監視人達も・・・俺には想像もつかないなにか大きな・・・」と考えたところで金剛手が切れ、ついに鬼に噛みつかれてしまう。

それでもなお戦い続ける熊切は「俺達は・・・」「俺達はもはや・・・大きな何かに組み込まれてしまった小さな歯車なのかもしれん」「だがな、それでも・・・アキラ」「俺達には意思がある」「誰かのために身を投げ出す意思を、何かのために戦いを選ぶ意思を、抗うために・・・巨大な力に立ち向かう意思を、弄べる者がいるものか・・・!」「ならば・・・たった一つの意思が・・・何かを変え・・・やがては全てを止める事も・・・あるはずだ」「アキラ・・・もしお前が・・・お前が・・・常にユーリといるならあるいは・・・!」「大神達やレオンハルトを倒したように」と考えながら万年青に「熊切、あんたならもう勘づいているだろう」「俺がここにいる理由はすでに最終プログラムを知っているからだ」「魅音を倒し3rdプログラムの仲間を助けたいなら俺についてこい、熊切真」とオファーを出されたことを思い出していた。そして今、熊切は「アキラ・・・万年青に惑わされるな・・・!」と考えながら「俺は俺の意思を貫く」「お前も自分の意思を信じろ・・・!」と告げ、大量の鬼に囲まれてしまっていった。

鬼が熊切の元から離れていくと、熊切はゆっくりと立ち上がり「行け、アキラ」「何があっても立ち止まるな」「俺も最後まで見届けているぞ」と考えていた。

<<前の話 139話 次の話>>

あわせて読みたい
【出会って5秒でバトル】全話のネタバレ一覧こちらのページに出会って5秒でバトルのネタバレをまとめております。出会って5秒でバトルの最新話や過去の話を読みたい方はこちらのページをご...
▼LINE登録でお得な情報を配信中▼
友だち追加