出会って5秒でバトル

【出会って5秒でバトル】134話のネタバレ|アキラと魅音が前のプログラムで会っていたことが明らかに

出会って5秒でバトル134話のネタバレを掲載。134話では、アキラと魅音が前のプログラムで出会っていたことが明らかになる。熊切はアキラに「万年青と組むつもりなんじゃないのか?」と問い詰めていた。出会って5秒でバトル134話のネタバレを読みたい方はこちらをどうぞ。

出会って5秒でバトル134話のネタバレ

万年青と組むつもりなんじゃないのか?

かつてアキラは「僕は・・・もう一度・・・プログラムをクリアして・・・お前の元に戻ってくる・・・」「絶対に・・・許さない・・・!」「必ず・・・お前を・・・この手で・・・」と言い、魅音は「待ってるわ・・・」「私の王子様」と返していた。

そして今、アキラが「行こう・・・城へ・・・!」「ここが崩壊する前に・・・!」「ユーリ達も・・・そうするはずだ」「きっと城で会える!」と熊切と千歳に伝えた。

アキラが「キミは・・・」と尋ねると、千歳は「甘村千歳・・・第一チームの・・・」「ここで霧崎に助けてもらって・・・」と答え、アキラは「わかった・・・脱出するまで今はチーム関係なく協力しよう」「俺は白柳啓」と名乗り、熊切も「熊切だ」と名乗った。アキラが「俺の能力は見た?」「そう・・・万一のために可能ならキミの能力の事も・・・」と金平糖を取り出すと、千歳は「あーーーーッ!!「そっ・・・そっ、それ金平糖?」「おねがい!ちょうだい!!」と食いつき、アキラは「えっ・・・なんで、やだ」と反射的に断ってしまった。

千歳が「わ・・・わかった言うわよ」「お互いのためにもアタシにはそれが必要なの・・・!」と能力を明かし「だから砂糖が必要なんだけど、ここに来てからノンシュガーのお菓子しか・・・もうガス欠なのよ!」と正直に話すと、熊切が「そういう事なら渡してやれアキラ」と言い、アキラは渋々金平糖を渡してあげた。

熊切が「お前なら地図が頭にあるだろう」「城へはどう向かう?」と聞くと、アキラは「少し遠回りになるけどロープウェイの方へ向かおう」「他のみんなもロープウェイ経由で城へ向かう可能性が高いし、城まで歩いてのぼるより安全に城へ着けると思う」と説明し、すると熊切は「もう一つ、城へ着いてからはどうする気なんだ?」と意味深なことを聞いてきた。

一方、ユーリたちは別の海岸に打ち上げられていた。

クレアが「気を失い波に飲まれてたあなたを彼が命がけで捕まえたのよ」とここに至るまでの経緯を話すと、猪瀬は「レオンハルトとの戦いをみてわかったからな・・・星野の交換条件はもう関係ない」「俺達にはユーリの力が必要だと・・・絶対に死なせられんと思ったよ」「シソの・・・ためにもな・・・」と語った。

猪瀬が「そういえば星野は・・・」と聞くと、クレアは「わからない・・・島が崩壊する前から消えてたわ」「さあ・・・ユーリ立てる?」「あなたのダメージは重いと思うけど・・・頑張って」と声をかけ、猪瀬も「あの万年青とかいう男が言った事が本当なら・・・急がないと・・・」と城へ向かおうとする。が、ユーリは膝を組んで「だめ・・・あたし・・・もう・・・ダメだよ・・・もう・・・」「霧崎も・・・シソちゃんも・・・あたしの目の前で・・・」「あたしは何もできなかった・・・!」「遊園地に来てから・・・ほんとはずっと・・・耐えてたんだ・・・」「なんとか・・・仲間の事を考えたり・・・怒ったりして・・・だけど・・・もう・・・」「もう・・・わからないよ・・・あたし・・・」「もう・・・だめ・・・」と心が折れてしまっていた。

一方、アキラが「どうする・・・って?」と聞き返すと、熊切は「俺が何を言いたいのかわからない・・・などという事はないだろう」「特にお前に限って」「アキラ・・・お前、万年青と組むつもりなんじゃないのか・・・?」と問い詰めていた。

<<前の話 134話 次の話>>

あわせて読みたい
【出会って5秒でバトル】全話のネタバレ一覧こちらのページに出会って5秒でバトルのネタバレをまとめております。出会って5秒でバトルの最新話や過去の話を読みたい方はこちらのページをご...
▼LINE登録でお得な情報を配信中▼
友だち追加