出会って5秒でバトル

【出会って5秒でバトル】131話のネタバレ|死んだ大神が復活!?

出会って5秒でバトル131話のネタバレを掲載。131話では、レオンハルトの細菌でアキラとユーリが能力を使えなくなってしまう。が、死んだはずの大神がレオンハルトに拳を繰り出していく!?出会って5秒でバトル131話のネタバレを読みたい方はこちらをどうぞ。

出会って5秒でバトル131話のネタバレ

五感をくるわせる

「くらいやがれ!!」とユーリが拳を繰り出すが、「調子・・・に乗る・・・な・・・」「実験・・・動物の・・・貴様ら・・・は・・・下・・・」「我々・・・監視人・・・は・・・上・・・」「貴様ら・・・を上から・・・見る・・・側だ・・・」レオンハルトに押さえつけられてしまう。

そこに「ユーリをねじ伏せるんだ大砲くらいかわすだろ・・・!」と考えながらもアキラが大砲を放ち、おかげで解放されたユーリがレオンハルトに蹴りを食らわせる。

ユーリが「もらったぜ!!」と渾身の拳を叩き込もうとするが、レオンハルトは瞬間移動で躱していった。

ユーリが「一体何を」と事態を理解できないでいると、レオンハルト「あの・・・小僧の・・・読み通り・・・監視人には・・・禁が・・・ある・・・」「それを・・・破らぬ・・・ための・・・安全装置も・・・な・・・」「だが・・・殺意・・・なき・・・行動に・・・対しては・・・なんら・・・束縛は・・・ない・・・」「たとえば・・・一時的・・・に・・・五感・・・を・・・くるわせ・・・る・・・」「その程度の・・・細菌を・・・散布・・・するのも・・・な・・・」と説明し、ユーリを殴り飛ばす。

レオンハルトが「五倍・・・能力は・・・モンスターマシン・・・に・・・乗るような・・・ものだ・・・」「些細・・・な・・・ズレで・・・制御を・・・失い・・・暴走・・・を・・・起こす・・・」「知らな・・・かったか・・・」「貴様・・・にも・・・効いてきたな・・・」「うまく・・・照準を・・・合わせ・・・られまい」「すぐ・・・には・・・気づかない・・・程度に・・・微量ずつ・・・細菌を・・・放出・・・していた・・・のだ・・・」「貴様ら・・・に・・・能力を・・・与えたのは・・・我々・・・だ」「能力の・・・使いよう・・・で・・・上回れる・・・と・・・思う・・・な・・・」とユーリとアキラを細菌で無力化していっていた。ユーリが咳き込みながらも「くそ・・・!目も耳も頼りにならない」「こうなったらヤツを掴んで・・・そこに渾身の一発をぶち込むしか」と考えていると、レオンハルトが「殺す・・・事は・・・できん・・・がかえって・・・好都合だ・・・」「たっぷり・・・と・・・嬲れる・・・からな・・・」「貴様は・・・両手両足の・・・骨を・・・砕き・・・鬼の・・・餌食に・・・してから・・・見る影も・・・残らぬ・・・醜い・・・姿に・・・作り変えて・・・やる」「あれ・・・の・・・ような・・・失敗作では・・・ない・・・傑作に・・・な・・・」と告げていった。





俺ァ人間だ

それを聞いたユーリが「てめえ・・・もう一度大神をモノみてーに言ってみろ・・・!」「絶対に許さねえ・・・!」と言いながらも細菌の影響でレオンハルトが霞んで見えてしまい「ダメだ・・・動くアイツを捉えられない・・・!」と無力感を感じており、アキラも「なんとか奴の動きを止められれば・・・!」「だが今ヘタに撃てばユーリに当たる・・・!」とどうしようもなくなっていた。

レオンハルトが「終わり・・・だ」とユーリに向かっていくと、背後で大神が「その女の言う通りだぜ、俺はモノかよ?」「なァ?」「俺ァ人間だ」と殴りかかろうとしていた。

レオンハルトが振り返るがそこには誰もおらず倒れた大神が転がっているだけだった。

レオンハルトが「馬鹿・・・な・・・今・・・確かに・・・」と感じていると、ユーリは「何が・・・見えたんだ・・・?レオンハルト・・・」「掴んだぜ・・・」「約束通り・・・まずは大神の分だ・・・」と渾身の一撃を叩き込む。

レオンハルトが「一体・・・何が・・・起きた・・・」「いや・・・それより・・・この・・・攻撃は・・・」と危機感を感じていると、ユーリは「まだだ・・・まだ離さない」「てめえに・・・玩具にされた・・・大勢の分も」「上から百発ぶちこむ!!」とラッシュを繰り出していった。

<<前の話 131話 次の話>>

あわせて読みたい
【出会って5秒でバトル】全話のネタバレ一覧こちらのページに出会って5秒でバトルのネタバレをまとめております。出会って5秒でバトルの最新話や過去の話を読みたい方はこちらのページをご...
▼LINE登録でお得な情報を配信中▼
友だち追加