出会って5秒でバトル

【出会って5秒でバトル】127話のネタバレ|最強能力レオンハルトの弱点が判明

出会って5秒でバトル127話のネタバレを掲載。127話では、レオンハルトの能力が「細菌」と明らかになる。そして、アキラはレオンハルトの重大な弱点に気づいていった。出会って5秒でバトル127話のネタバレを読みたい方はこちらをどうぞ。

出会って5秒でバトル127話のネタバレ

レオンハルトの能力

アキラや万年青たちの動向をモニタリングしている魅音は昔を思い出していた。魅音は「風が・・・今・・・僕の首元を通り抜けた」「はあ?座って?」「僕は知ってる」「まるで何かが品定めでもするかのように、錆付いた臭いの風が首をなでた時誰かが死ぬんだ」「時にはとてもたくさんの命が・・・」「だから、いつも僕は風が過ぎ去ってから振り返ってから思う」「後悔しないよう生きていたいと」という会話を思い出していた。

アキラが「もう逃げ場はない」「ここからは俺達のターンだ、監視人レオンハルト・・・!」「俺達をすぐに解放しないなら全員でお前を叩き潰す・・・!」と言い放つと、レオンハルトは「実験・・・動物・・・ふぜいが・・・調・・・子に・・・」と憤りを見せるが、「ンじゃあ構わねェよ」「てめーをぶっ殺して脱出るからよ・・・!」と霧崎が斬りかかっていく。

クレアら達遠距離攻撃部隊も攻撃を始め、その隙にユーリが殴りかかっていく。

霧崎がナイフを投げた隙にユーリが殴りかかろうとするが、レオンハルトが「おの・・・れ・・・」と右手を構えたので、星野が「ユーリちゃん!!奴の手に触れちゃダメだ!」と叫び、ユーリはなんとか回避していった。

レオンハルトが手を地面は溶けていっていたが、ユーリは「気のせいか?今一瞬・・・」と何か違和感を感じていた。

アキラが「星野・・・奴の能力を知ってるのか?」と尋ねると、星野は「ああ」「《海爛王》、「レオンハルト」の能力の正体は「細菌」だ・・・!」「一瞬で生物を分解する人食いバクテリア・・・」「化学反応を起こし物体を溶かす細菌・・・」「脳を冒して操る病原菌・・・」「様々な異型の細菌を生み出す事ができるんだよ」と能力を明かし、それを聞いたレオンハルトは「「星野」・・・貴・・・様・・・」「やはり・・・貴様・・・は粛清すべき・・・だ」「魅音も・・・」「そして・・・思いあがった・・・貴様ら・・・も」「この手で・・・」「我が・・・能力を・・・身を以て・・・知る・・・がいい・・・」「この《厄災》は・・・生存者・・・ゼロで・・・終わらせ・・・る・・・」と宣言した。





ある重大な「弱点」

霧崎が「やはりとんでもなねえ殺気だぜ・・・これが監視人か」「おまけに細菌能力だと?」「だとすれば感染・・・もあるって事か・・・」と考えていると、他の参加者たちも「人食いバクテリアだって・・・!?」「あ・・・あんなのに近づけるかよ・・・!」「あんな化け物いくら数で包囲したって・・・」とうろたえていたが、アキラは「言ったはずだ」「ここからは俺達のターンだってな」と一人近づいていった。

レオンハルトが振りかぶるが、攻撃はアキラではなく地面に振り下ろされた。

レオンハルトが「貴様・・・なぜ・・・」と口にすると、アキラは「なぜわかったって?」「お前達のおかげだよ」と答え、至近距離から大砲を放った。

レオンハルトが回避するが、アキラは「逃がすか・・・!」とさらに大砲を放っていく。

ユーリが「アキラ・・・!お前なんであんな無茶を・・・!」と駆け寄ると、アキラは「大丈夫だ、ユーリ」「やっぱり・・・この可能性はプログラム初日・・・魅音のルール説明の中ですでに示唆されていた・・・!」「あの監視人がどんな能力を持っていようが関係ない」「レオンハルトにはある重大な「弱点」がある・・・!それがわかった」と言い放ち、アキラの砲撃によってレオンハルトの左手は吹き飛んでいた。

<<前の話 127話 次の話>>

あわせて読みたい
【出会って5秒でバトル】全話のネタバレ一覧こちらのページに出会って5秒でバトルのネタバレをまとめております。出会って5秒でバトルの最新話や過去の話を読みたい方はこちらのページをご...
▼LINE登録でお得な情報を配信中▼
友だち追加