出会って5秒でバトル

【出会って5秒でバトル】117話のネタバレ|りんごが少年Xを倒す策を考えつく

出会って5秒でバトル117話のネタバレを掲載。117話では、Xの報道を見た燈夜たちも議事堂に向かう準備を整えていた。りんごは少年Xを倒す策を仲間たちに伝えていった。出会って5秒でバトル117話のネタバレを読みたい方はこちらをどうぞ。

出会って5秒でバトル117話のネタバレ

6人

りんごはタブレットでXがアップした議員を爆殺した画像を見ていた。

獅子堂が「お嬢ちゃん見たか」「とうとうやり始めたな」「だが焦るなよ、お嬢ちゃんを追い込むのが目的だろう」「最初の10人の首なし死体の謎も解けた、小僧はこんな風に爆弾で全員の頭を吹っ飛ばしたんだ」と言い切ると、りんごは「獅子堂さん、車を手配できますか」「それと取ってきてほしいものが」と伝える。香椎鈴が「決めたのね、何か手は浮かんだ?」と確認すると、りんごは「はい」「これ以上の犠牲が出る前に彼を止めます・・・なんとしても」と力強く答えた。

燈夜の部屋に天那が入ってきて「ニュースを」と言うと、燈夜は「見ている・・・公安から報告も来た」「こういう参加者が出てもおかしくないと思っていたが・・・議事堂とはふざけた奴だ」「多々良りんごに北島浩二・・・標的はアキラと同じ第5チームか」と言う。

天那が「どうする?燈夜さん」と聞くと、燈夜は「天那、この4thプログラムから最終プログラムへ進めるのは何人だ?」と返し、天那は「6人」と答える。燈夜が「甘村と沙道は連絡が途絶えた・・・戻ってこなければ残りは私達3人だ」「つまり、6人中3人は仲間以外から選出される事になる」と語り出すと、九龍も「おいっ、いま部屋でTVつけたらな・・・」と部屋に入ってくる。

天那が「私達も動く?」と尋ねると、燈夜は「ああ」「この能力者によるテロ事件には私は職権で近づける」「ご丁寧に犯人は参加者であれば招待すると言っているしな・・・特等席で拝見しようじゃないか」「多々良りんごと北島浩二も状況から見てこの危険な能力者と接触して生き延びた・・・軽視できん」「突然消えたアキラの事もなにか知っているかもしれんしな」「私の能力が使えればなおよし、場合によってはまとめて始末する」「6人中私達以外の3人が誰になるか・・・それはこの私たちが操作するんだ」と伝えコートを着て出立の準備をした。





キミがもう一度彼を殺すのを

一方、獅子堂が車の手配をしてくれていた。

獅子堂が「本当にその足で行く気かよ?お嬢ちゃんはここにいた方がいいんじゃねーか?」と確認するが、りんごは「彼は私を名指しで呼んでいます・・・行かないと」「それに彼を倒すためには私も行く事が必須条件・・・」「そして、獅子堂さんのコピー&ペーストの能力が鍵になります」と答え、北島は車椅子に手をかけ「わかった・・・いざとなったら俺が能力でキミの盾になる」「行こう・・・!」と車に乗り込んでいった。目的地を国会議事堂に設定すると獅子堂が「それと頼まれたコイツもだ」「お嬢ちゃんのスペアの眼鏡・・・家から取ってきたぜ」と眼鏡を手渡し「さて・・・俺の能力がカギという事はもう決まってるんだな?」「誰に誰の能力を貼り付けするかを」「さっきも言ったが俺は直接戦うのは断るぜ、現場に着く前にコピー&ペーストは終わらせておく」「貼り付けた能力を使えるのは一回だけ」「やりようではXのガキを相当惑わす事は可能だろうが、現実に使えるのは一人一回だけだ・・・わかってるな」「香椎鈴の体液を拷問具に変える能力、北島の能力を無効化する能力、お嬢ちゃんの敵の能力を十分の一でコピーする能力」「誰が誰の能力を一回使えるようにするんだ?」と尋ねていった。

りんごはメガネを掛けながら「一度私はXに負けた・・・」「でも、だからこそ予断を許さないこの戦いに確実な事が一つ生まれる事になった」「それは鈴さんの言った通り」「Xの私への執着・・・」「今度こそXの上を行くとしたらそこを突くしかない・・・!」と考えながら「はい・・・もう決めています」「まずは鈴さんに北島さんの能力をペーストしてください」と作戦を告げていく。

Xは議事堂内でタブレットを操作しながら「よし、多々良りんごからの反応なし・・・か」「じゃあ、そろそろもう一人くらいいってみるかな」とつぶやくと外から爆発音が聞こえ、「あれあれまさか・・・」とタブレットを見ると警官が倒れている光景が映し出されており、「また警察が侵入しようとしたのか・・・」「ま、普通の爆弾は見つからないから仕方ないけど」「そっかー、そろそろ警察にも余計な動きはしないよう手を打たなきゃな」とつぶやいていた。

すると、Xは「ねえそこの眼鏡の人」「運がいいね・・・次はあんたの予定だたんだけどやめる事にする」「今の爆発でケガした警官をここに運んできてよ」「計画変更だ」と久世に伝えていった。

4thプログラムが始まった際、10人を殺した直後Xは「あ〜あ、言われた通り爆発させたけどひどいなこりゃ」「で、どうして俺にこいつらを殺させたの?」「同じチームだったんだろ」と尋ねると、ラウィールは「計画変更さ・・・」「キミ以外の参加者は必要なくなってね」「どうせ最後のプログラムに行けるのは6人だけ・・・その中にキミが残ればいい」「僕が監視するのはキミ一人で充分・・・これぞプログラムの醍醐味だ」「楽しみにしているよ、キミがもう一度彼を殺すのを」と含みを持って言い方をしていた。

<<前の話 117話 次の話>>

あわせて読みたい
【出会って5秒でバトル】全話のネタバレ一覧こちらのページに出会って5秒でバトルのネタバレをまとめております。出会って5秒でバトルの最新話や過去の話を読みたい方はこちらのページをご...
▼LINE登録でお得な情報を配信中▼
友だち追加