出会って5秒でバトル

【出会って5秒でバトル】101話のネタバレ|霧崎がゾンビ化!?

出会って5秒でバトル101話のネタバレを掲載。101話では、霧崎と千歳の連携で抗体持ちを倒すことに成功する。が、霧崎は抗体持ちとの戦いで受けた傷で何か違和感を感じていた!?出会って5秒でバトル101話のネタバレを読みたい方はこちらをどうぞ。

出会って5秒でバトル101話のネタバレ

アタシも磁石に

抗体持ちの能力を受けた千歳の体にもNという文字が浮かび上がり「アタシも磁石に・・・!」と感じた次の瞬間、千歳の体は抗体持ちに引き寄せられる。

霧崎が剣を振ると千歳の体に現れたNという字が切れ、抗体持ちに引き寄せられた千歳や鬼の能力が解除され地面に落ちた。

霧崎が「そうだ・・・邪魔をしたのは俺だよ・・・断ち切ってやった」「てめーの能力の楔をな・・・」と言い放つと、抗体持ちが逃げようとする千歳を追おうとするが、体に砂糖がまとわりついており動けなかった。

千歳が「アタシに近づいたのは失敗」「すでに周囲に綿菓子状にした砂糖を撒いておいたの・・・!」「そして結晶化・・・!」「その砂糖は簡単には壊せないわよ」と鬼の足を絡め取り抗体持ちから距離を取り「た・・・助かったわありがとう」と霧崎に礼を言うと、霧崎は「助けたんじゃねぇ、奴の攻撃を妨害しただけだ」と返す。

抗体持ちが磁石の能力で鬼たちを引き寄せると霧崎が「そうだ化け物・・・動けないなら手は一つしかねえ」「その能力で俺を止めるしかねーよな・・・できればの話だが」「行くぜ!」と抗体持ちに向かって行き鬼たちを斬り払っていく。

霧崎が「やっぱり、無理だったな・・・!」と剣を振り下ろすが、その場にはSという文字が記されており、抗体持ちは一瞬にして霧崎の背後に移動していた。





いや、なんでもねえ

遠くから見ていた千歳は「見た・・・!自分と地面を反発させてその衝撃で砂糖を・・・!」「さっき突然アタシの背後に現れたのもあれだったんだわ・・・!」と能力の正体に気づいていた。霧崎が刀で受けるが体と刀にNの字を刻まれ刀が反発されてしまう。

そして、抗体持ちのS極に引き寄せられる。

千歳が「霧崎!早く木の破片を剣に変えて!」「できるんでしょ、さっきのナイフに変えたみたいに・・・!」と叫ぶが、霧崎は「うるせえ・・・!」「そのつもりだが引っ張る力がつえーんだよ・・・!」「木の破片を取りにいけねぇ・・・!」と返す。が、千歳が「いいえ、そのN属性の木よ・・・!」「それを剣に変えてと言ってるの・・・!」「引っ張る力が強いなら好都合・・・!」「砂糖の能力を解除するわ!」と伝えると、霧崎は「N同士反発!!して飛んでいくナイフを!!奴の磁力がキャッチして引き寄せる!!」と「俺の能力は「何でも切れる剣」」「剣に柄を付けなきゃ何処までも貫いていくぜ」と飛んでいったナイフが抗体持ちの首に食い込み、抗体持ちは血を吐いてその場に倒れ込んだ。

抗体持ちを倒したところで霧崎は「オイ、お前の名前は?」と今さらながらに聞くと、千歳は「え?あ・・・甘村千歳・・・」とようやく自己紹介を済ませた。霧崎が「礼は言わねーぞ、さっき俺も助けてやったんだからな」と言うと、千歳は「ええ・・・」と答えるが内心では「あいつの攻撃を妨害しただけって言ってなかったけ・・・」と考えていた。霧崎が「アイツがこの辺りのゾンビを磁石にして殺しまくったおかげでチャンスだ」「今のうちに城まで進むぞ、ついて来い千歳」と先を目指そうとするが、ふいに違和感を感じ千歳に「どうかした・・・?」と心配されるが、霧崎は「いや・・・なんでもねえ」と小さな声で返した。

<<前の話 101話 次の話>>

あわせて読みたい
【出会って5秒でバトル】全話のネタバレ一覧こちらのページに出会って5秒でバトルのネタバレをまとめております。出会って5秒でバトルの最新話や過去の話を読みたい方はこちらのページをご...
▼LINE登録でお得な情報を配信中▼
友だち追加