出会って5秒でバトル

【出会って5秒でバトル】100話のネタバレ|抗体持ち鬼の能力が明らかに

出会って5秒でバトル100話のネタバレを掲載。100話では、霧崎と千歳が抗体持ちの鬼と戦闘を行っていく。そして、抗体持ちの鬼の能力が明らかになる。出会って5秒でバトル100話のネタバレを読みたい方はこちらをどうぞ。

出会って5秒でバトル100話のネタバレ

能力を使って襲ってくる「鬼」

猪瀬が「暗くても俺の視界範囲に鬼がいれば右目をジャックできるはずだが・・・能力が発動しない」「少なくともあの道に鬼はおらんな」と辺りを確認すると、クレアは「OK・・・今のうちね、行きましょう」「あの林道を突っ切ればクルー階段よ」と指示を出すが、星野が「ちょっと待ってユーリちゃん、気を付けた方がいい」「もしかしたら近くに「抗体持ち」がいるかもしれない」「監視人の毒で「鬼」にされた人間の中には毒に対する抗体を持っている者がたまにいるんだ」「いわゆる失敗作の鬼だけど、皮肉にも毒が効ききらない事で他の鬼と違って本能的に「能力を使う」程度の知能を残してる」「能力を使って襲ってくる「鬼」もいるって事・・・それが「抗体持ち」だ」「毒で痛みはなく身体機能も向上してるから普通の人間ならできない方法で能力をフルに活用してくる場合もままあって危険だ」「能力を使って他の鬼を統率してる事も多いから・・・妙に「鬼」の少ないこの辺りの雰囲気はちょっとヤバいかも」「遭遇しなければいいと思ってたけど・・・慎重に行動したほうがいいよ」と抗体持ちの危険度を伝えていった。

一方、霧崎と千歳の目の前には他の鬼と異なる容貌の鬼がいた。

千歳が「な・・・なんなのアイツ・・・」と恐れをなしているが、霧崎は「さあな・・・」「だが、ブッ倒さなきゃこの先へは行けねーようだぜ」と戦う覚悟を決めていた。





磁石か

抗体持ちが参加者を抱えていた参加者を投げ飛ばすと、男の体に周囲の鬼たちが引き寄せられ一つの塊のようになっていく。

そして、それを霧崎と千歳に飛ばしてきた。

霧崎は「あの野郎・・・!」「能力を使うゾンビ・・・か!」と敵の正体に気づくと、その間に再度抗体持ちは傍にいた鬼を能力で引き寄せて塊を作る。

千歳が「ま、またゾンビ玉が来るわ・・・!」と言うと、霧崎は「一度見た手を・・・舐めやがって」「こちとら鉄球も真っ二つにしてんだ」「まとめて叩っ斬ってやるぜ!!」と何でも切れる剣を振りかざし飛び込むが、直後塊は分解され鬼たちが飛んでくる。

千歳が吹っ飛ばされた霧崎の心配をしていると、背後に抗体持ちが一瞬で現れ千歳の体を持ち上げる。

霧崎が「ふざけた真似しやがって・・・!」「てめえの相手は俺だコラ・・・!」とナイフを投げ飛ばすと、抗体持ちはナイフを抜き取り霧崎に投げ返した。

霧崎が「木の破片やゾンビに刻まれたSとN・・・!引力と反発!こいつの能力は磁石か!!」と気づくと、千歳は「対象に磁石のような極性質を与える能力!!」「周囲のゾンビはきっと全員磁石に変えられている・・・奴の駒!」「おそらく磁石化の条件は・・・奴に触られる事・・・!」と理解した直後、千歳の身体にも”N”という文字が現れていた。

<<前の話 100話 次の話>>

あわせて読みたい
【出会って5秒でバトル】全話のネタバレ一覧こちらのページに出会って5秒でバトルのネタバレをまとめております。出会って5秒でバトルの最新話や過去の話を読みたい方はこちらのページをご...
▼LINE登録でお得な情報を配信中▼
友だち追加