出会って5秒でバトル

【出会って5秒でバトル】1話のネタバレ|主人公アキラがいきなり死亡

出会って5秒でバトル1話のネタバレを掲載。1話では、高校生の白柳啓が謎のゲームに巻き込まれていく。人間とは思えない怪物に追われなんとか返り討ちにするが、謎の女に瞬殺されてしまう。出会って5秒でバトル1話のネタバレを読みたい方はこちらをどうぞ。

出会って5秒でバトル1話のネタバレ

バトルスタート

女が「やっと会える時が来たわ」「どんな顔をするんだろ♡」「ちゃんと期待に答えてくれるかな☆」「私の・・・王子様♡」とメイクアップしながらつぶやいていた。

ある朝、一人の少年が自宅でパソコンに向かいゲームに熱中していた。

16歳の高校生白柳啓が「よし、いいぞ」「そうだ、もう少し・・・!」「あーっ、くそ!」「また回線切られた!」「なんだよもう」「最近一方的に勝ってるとすぐ回線切られるな」「これじゃランキング上がらねーじゃん」「ちぇっ、このゲームも潮時かな」「はーあ、学校行くか・・・」と学校に向かう準備をする。

アキラは「ゲームがしたい」「ひとときでも夢中になれる」「この日常を忘れられるゲームを・・・」と考え事をしながら学校に向かっていると、クラスメイトらしき女子高生たちが「あれアキラくんじゃない?」「いつもテスト学年トップの」「ホントだ」「うわ、あいつっていつも登校中もスマホいじってんだ」「教室でもずっとああやってんだよ、授業中も休み時間も」「最初は先生も没収しようとしたんだけどさ、皆の前でアイツに言いくるめられて諦めたんだよね」「全国テストでもトップクラスの成績らしいし」「進学校にすれば成績が落ちない限り放っとくって事にしたみたいよ」「でも、いつもスマホで何やってんの?」「さあ?何かゲームらしいけど」「ま、変人よね」と陰口を言っていた。

アキラが「自分でもわかってるけどね」「いい成績を取るなんて簡単だ」「公式・文法・単語・年表・・・」「単にどれだけ記憶ができるか、それだけ」「受験戦争なんて言ったって戦争でも競争でもない」「あれじゃ本気になれない」「様々なテーマを与えられ、それに従った効率的な攻撃法を理論的に構築し、敵や障害を攻略する」「そういったゲームになら本気になれる」「だから、普通の毎日は俺にとってはとても退屈・・・」と感じながらスマホから顔を上げると、包帯をぐるぐる巻きにした巨体の男が車から降りてアキラを見ていた。

車の運転手が「オイ、何してる!!」と包帯の男に叫ぶと、男は車のボンネットを思いきり殴り車を大破させていく。

男がアキラと目を合わせるとアキラに向かって走り出し、逃げるアキラは「気のせいじゃない!?」「目が合った」「また」「まさか」「俺を!?」と気づき、突如バトルが始まっていく。





ゲームクリアかな

アキラは自転車に乗って逃げ出す。

アキラは「間違いない!」「俺だけを狙ってる!」「なんで・・・!?」「なんなんだコイツは!?」「少しずつ引き離せている・・・けど時間の問題だ」「これじゃ撒く前に体力が尽きて追いつかれる」「とにかく警察・・・でも、警察は街の反対側・・・!」「逃げながらじゃ携帯で呼ぶ事もできない」「どうする!?対策を考えないと・・・対策を」「はは、対策って・・・まるでゲームみたいに」「敗北条件は捕まる事」「逃げ切れば俺の勝ち」「そうだよ、ゲームと何が違う」「これが「鬼ごっこ」だ」「落ち着け」「ゲームならば俺は・・・大得意だろ」と勝機を見つけたように廃屋のビルの中に入っていく。

ビルの屋上に上ったアキラは「はい・・・そうです」「三丁目のお化けビルで」「はい、20人くらいが乱闘してて・・・はい」「凄い状況で・・・とにかく早く来てください!」と警察に電話をかけ、「追い詰められるカタチになったけど、警察を呼ぶ事はできた・・・」「あとは警察が来るまで耐えきれば俺の勝ち!!」「ここまで来てみろバケモノ!」と考えていた。

包帯の男がビルに入ると床が抜け足が地面にめり込み、アキラは「このビルは手抜き工事で鉄筋がろくに入ってない」「危険なせいで解体途中で放置、老朽化も進んで床はボロボロだ」「俺はガキの頃から遊んでるから安全なルートを知ってるけど、お前みたいなデカブツは慎重に歩かないとすぐ床を踏み抜くだろ?」「せいぜい時間をかけてゆっくり・・・」と考えるが、包帯男はひとっ飛びで部屋を横断する。

アキラは「ひとっ飛びで解決かよ」「くそ、本当に怪物じゃないか」「思惑から外れたからって焦るな・・・!」「奴の情報を一つ得たとプラスに考えろ」「あれならきっと一つ下の階で・・・」と包帯男の動きを推測していると、ドオンという轟音が響き、アキラは「予想通り二階から順に確認しながら屋上に俺を追い込む気だ」「でも、屋上じゃダメだ・・・」「あいつにはこの下の五階で追い詰められないと・・・!」「早く準備して五階に降りるんだ・・・!」「もう四階に追ってきてる」「まるでクロックタワーの世界だな」と作戦を考えていた。

アキラがいる部屋に包帯男がドアを蹴破って入くると、アキラは「なんとか間に合った・・・!」「あと一歩!」「未だ」と事前に上の階に仕掛けたドラム缶の罠を起動させる。

アキラが「ありもので作ったトラップだったけどなんとか成功したな」「あの巨体で五階から落ちればいくらバケモノだって・・・」と作戦がうまくいったことを確信していたが、、包帯男は血だらけになりながらも一階には落下せず崩れた床につかまっていた。

アキラが「あいつは一階の床を飛び越える事もできた」「だったらこんな穴くらい簡単に・・・」と予想した通り、包帯体は穴を飛び越えアキラに襲いかかってくるが、「飛び越えようとするよな当然」「その予測と準備ができれば撃墜できる!!」とアキラの第二の仕掛けである鉄パイプが突き刺さる。

包帯男がビルから真っ逆さまに落下していったのを確認したアキラが「ゲームクリア・・・かな」「トラップで階下に落とせれば良し」「無理なら床の穴を飛び越えさせて用意していた足場の棒で迎撃」「この欠陥ビルの五階に誘い込めた時点で俺の勝ちは八割方決まっていた」「ま・・・二段構えの作戦になったのはアイツの跳躍と屋上に転がってる棒を見てからだけど」「地の利、アイテム、相手の情報・・・どんなゲームでも勝つために必要なものは同じだな」と考えていると、外からパトカーの音が聞こえ「やっと警察が来たか・・・よっ」「それにしてもなんだったんだ・・・何故俺を狙って」「とにかく警察にあった事を説明するしか」と屋上に上っていく。



おめでとうアキラくん

アキラが屋上に登ると「おめでとうアキラくん」と謎の女が立っていた。

女が「このビルに逃げ込む事までは予想できたけど、まさか私の飼い犬を撃退して生き延びちゃうなんて驚いちゃった♡」「でも残念っ♡」「せっかく頑張ってもらったんだけど、こっちの予定はもう決まってて」「これっていわゆる「負けイベント」なの♡」と言った瞬間、アキラの右半身は吹き飛ばされた。

女が倒れ込んだアキラに「あなたにはココで死んでもらわないと♡」「ゴメンね♡」と言うと、アキラは「「負けイベント」って事はゲームオーバーじゃないんだろ」「まだ続きがある」「今の「鬼ごっこ」みたいなゲームの続きが」「だったら今回は俺の負けでいい」「次は俺が勝つ」「ゲームしたい」「退屈な日常を忘れられるゲームを・・・」と考えながら息絶え、女は「モチロンお楽しみはこれからよ」「私の王子様♡」とつぶやいていた。

1話 次の話>>

あわせて読みたい
【出会って5秒でバトル】全話のネタバレ一覧こちらのページに出会って5秒でバトルのネタバレをまとめております。出会って5秒でバトルの最新話や過去の話を読みたい方はこちらのページをご...
▼LINE登録でお得な情報を配信中▼
友だち追加