家具

ゲーミングチェアの選び方!安くておすすめのゲーミングチェアランキング!

今、世間で人気のゲーミングチェア!

いいなぁと思いつつも、「結構高いしなぁ、なかなか手が出せないなぁ、ってかどんなゲーミングチェア選べばいいか分からないし」と思って、なかなか手が出せずじまい・・・。

そんな経験ありませんか?

 

そこでこの記事ではそんなあなたのために、ゲーミングチェアの選び方だけでなく、お手頃価格で買えるゲーミングチェアを余すことなくご紹介いたします!

ぜひ、この記事を読んであなたのゲーミングチェア選びの参考にしてくださいね。

 

そもそも、ゲーミングチェアって何?

まず、あなたに質問なのですが、「そもそも、ゲーミングチェアって何ですか?」

ネットで「ゲーミングチェアがいい、ゲーミングチェアがいい」と叫ばれてるから、ゲーミングチェアのことあまり分からずにゲーミングチェアって言ってません?

普通の椅子とゲーミングチェアの違いがちゃんと言えます?

 

もし「そんなの知らないよ、なんか凄そうなゲームする椅子でしょ」と思ってるあなた、安心してください、私自身そうでしたw

そこで、「元あなた」の私がゲーミングチェアについてわかりやすく説明いたします。

ゲーミングチェアと普通の椅子の違いとは?

ゲーミングチェアと普通の椅子の違いですが、ゲーミングチェアとは、長時間ゲームをしても体が疲れないように普通の椅子にはなかなかないすごい機能があるんです。

それがこちらです。

 

リクライニング機能

まずはじめにご紹介したいのはリクライニング機能です。

普通の椅子って、背もたれの角度って変えられないですよね。

でも、多くのゲーミングチェアは背もたれの角度が変えられるんです!

まるで車の椅子のようですね。

 

ですので、もしあなたが疲れた時、ちょっと椅子のリクライニングを倒して休憩することもできます。

また、後でご紹介しますが、ゲーミングチェアの中には椅子と背もたれの角度をまるでベッドのように180度近くにできるゲーミングチェアもあるんですよ。

これは普通の椅子にはない大きな魅力ですね。

 

背もたれの背が高い

ゲーミングチェアのさらなる魅力を語るとゲーミングチェアって、他の椅子に比べて、背もたれが高いんです。

普通の椅子の背もたれってせいぜい背中くらいか、高くても肩くらいまでしかないですよね。

でも、ゲーミングチェアは背もたれが頭の先まで包み込むような高さまであります。(これをハイバックシートと呼びます。)

そんなに背もたれが高いなんてまるで車の座席みたいですよね。(2度目)

 

アームレストが快適

ゲーミングチェアの3つ目の魅力としてご説明するのはアームレストの快適さです。

これを聞いたあなたは「いや、普通の椅子でもアームレストあるし」って思いませんでした。

ノンノンノン!ノンノンノン!

 

ゲーミンングチェアのアームレストは普通の椅子のアームレストとものが全然違います。

なぜなら、ゲーミングチェアのアームレストは可動型。

普通の椅子のアームレストは動かないですよね。

でも、ゲーミングチェアのアームレストは「前後」「左右」「上下」に動くことはもちろん、取り付け位置を変えることで、ゲームスタイルに合わせた設定が可能なゲーミングチェアもあります。

 

ゲームをしてると同感していただけると思いますけど、「ゲーム中、肘が邪魔!」って思うことありません?

もっと腕全体を自由に動かせたらいいのにって思うこと。

それがゲーミングチェアなら自由にアームレストの位置を変えられるんです。

さすが、「ゲーミング」という名前がついてるだけありますね!

 

ロッキング機能

ゲーミングチェアならではの機能といえばこのロッキング機能

ロッキングって何って思ったあなた、よくイギリスとかその辺のおばあちゃんが使ってる椅子でロッキングチェアって聞いたことありません?

ほら、ユラユラ揺れるやつでよくおばあちゃんがその上で毛糸編んでるやつ。

 

一部のゲーミングチェアもこのようにユラユラ揺らす機能があるものがあるんです。

とは言え、地面がユラユラ揺れちゃうと流石にゲームしにくいので揺れるのは背もたれだけですけどね。

 

なので、簡単に言うとゲーミングチェアにもたれた時に背もたれが動いて、リラックスできる機能がロッキングチェアです。

1戦終わって「ふぅ」っと椅子にもたれかかった時、このロッキング機能があなたを優しく受け止めてくれますよ。

 

ランバーサポートとヘッドレスト

そして最後にご紹介したいゲーミングチェアならではの機能がランバーサポートヘッドレスト

横文字ばっかりでわかりにくいかもしれませんが、日本語に直すと一目瞭然です。

ランバーとは日本語に直すとのこと。

 

つまり、ランバーサポートは椅子の背もたれ(腰の部分)についているコンパクトクッションで、これによって座ってる時の腰の負担を軽減してくれます。

そのため、ランバーサポートがあることで長時間ゲームをしても疲れにくくなるといった効果が得られます。

やはり、ゲームしてて一番、体にくる負担は腰と背中ですからね。

 

あと、ヘッドレスト自体はご存知ですよね。

あなたも一度は見ているはずです。

そうです、自動車にあるあの頭の後ろにある頭置きのことです。

 

このヘッドレストに頭をもたれかけることにより、首にかかる頭の重さを分散することができます。

また、このヘッドレストのおかげでゲーミングチェアはリクライニングをした時に寝ながら前のモニターが見やすい角度に視線をキープすることができます。

 

このヘッドレスト、普通の椅子にはないのかというとなかなかありません。

なぜならば、先ほども言った通り、背もたれの高さがせいぜい腰か肩くらいまでしかないので、頭まではないからです。

ですので、このヘッドレストは頭まで覆ってくれるゲーミングチェアならではのメリットですね。

ゲーミングチェアは大きく分けて2種類にわけられる

ゲーミングチェアですが実は大きく分けると2種類に分けられます。

それは座面の違いです。

座面の素材が

  • クッションタイプ
  • メッシュタイプ

のどちらかです。

 

クッションタイプはレーシングカーのシートのように弾力のあるクッションとなっています。

一方、メッシュタイプはオフィスチェアで見かけるようにメッシュになっていて、通気性は抜群で、夏場も蒸れにくいというのが特徴です。

 

ただ、少しイメージしたらご理解いただけると思いますがメッシュタイプの方が
クッションがない分、長時間座るのはしんどいです。

ですので、ゲーミングチェアの大半はクッションタイプになっています。

ただ、当然、クッションに比べてメッシュの方が材料費がかからないのでメッシュタイプのほうが安価にお買い求めいただけます。

クッションタイプも2種類に分かれる

さらにそのクッションタイプも2種類にわかれます。

それはクッションの素材が布か皮(レザー)かです。

 

レザーというとなんか高級感がありそうですが、巷で出ているようなゲーミングチェアは基本的に合皮を使っているため、布よりも安価です。

そして、布の方が通気性が良く、蒸れにくい分、皮に比べ、汚れやすく値段が高いという特徴があります。

ですので、この辺りはお財布と相談ですね。

ゲーミングチェアの正しい選び方

さて、上記の説明でゲーミングチェアの概要や種類などを十分ご理解いただけたと思うので、ここからはゲーミングチェアの正しい選び方を説明します。

 

一番大事なのはあなたの身体に合うかどうか

ゲーミングチェアの選び方というとゲーミングチェアの性能ばかりに目がいきがちですが、
一番忘れてはいけないのはその椅子にあなたが座るということです。

ですので、そのゲーミングチェアがあなたの身体に合うかどうかをしっかり確認する必要があります。

それを確認しないでただただ評判が良いからといって買ってしまうと、「買ったけど自分には合わなかった」という形で高いお金が無駄金になりかねません。

ですので、まず真っ先に確認したいのはそのゲーミングチェアがあなたの身体に合うかどうかなのです。

 

確認したい3つのポイント

あなたが買う予定のゲーミングチェアがあなたの身体に合うかどうかを確認するときに
チェックしたいのが次の3つです。

  • 座面の高さ
  • 座面の奥行き
  • 座面の厚み

 

まず、真っ先にチェックしたいのが座面の高さです。

あなたが買おうとしているゲーミングチェアの座面の高さはあなたの膝の高さとマッチしていますか?

もし高すぎる座面の椅子を買ってしまうと、足が届かないから足置きとなるような物を置かないといけないみたいなことになりかねませんよ。

なので、座面の高さはしっかり確認した方がいいです。

 

なお、身長と座面の高さの関係ですが以下を参考にしてください。

もちろん、人によって同じ身長でも足の長さが違うので(足長の人もいれば短足の人もいる)、あくまで目安として参考にしていただければ幸いです。

身長 座面高
200cm 49.0 cm
195cm 47.8 cm
190cm 46.5 cm
185cm 45.3 cm
180cm 44.0 cm
175cm 42.8 cm
170cm 41.5 cm
165cm 40.3 cm
160cm 39.0 cm
155cm 37.8 cm
150cm 36.5 cm
145cm 35.3 cm
140cm 34.0 cm

 

また、次に気をつけるべきポイントが座面の奥行きです。

腰が浅すぎる椅子に座ると長時間座るのがしんどいですし、腰が深すぎる椅子の場合はランバー機能付きのゲーミングチェアが欲しくなるものです。

あなたが買おうとしているゲーミングチェアの座面の奥行きは、あなたの「腰から膝までの長さ」にマッチしていますか?

「腰から膝までの長さ」に関しては、そこまで人による差はないと思うので
大丈夫だとは思いますが、念のためチェックしといてください。

 

あと、最後に気をつけなければならないのが座面の厚みです。

座面の厚みがなく、弾力のないものだと座るとお尻が座面の底に当たるようなそんな椅子もあります。

まあ、ゲーミングチェアほどの高性能の椅子の場合はそんな酷い椅子は少ないとは思いますが。

 

ただ、クッションは座っている時間とともに、また使用回数が増えれば増えるほど
へたってきて弾力がなくなるものです。

ですので、そうなっても大丈夫なように(長く使えるように)できるだけ座面の厚みが厚いものを買いましょう。

 

意外に忘れてはならないのが椅子と机の関係性

今まではあなたの身体とゲーミングチェアがどうマッチするかの観点でゲーミングチェアの選び方を説明しました。

が、意外に忘れてはならないポイントがゲーミングチェアと机の関係性です。

 

と言うのもゲーミングチェアには、肘置き(アームレスト)が付いています。

ですので、座面が高い、もしくはアームレストが高いゲーミングチェアだと、ゲーミングチェアを机の中に入れ込めないそんな自体が発生します。

 

ゲーミングチェアの場合、アームレストを自由に調節できるのでなおさらですね。

ですからあなたの普段使っている机の高さを図って、そこにゲーミングチェアが入るかどうかそれはしっかり確認しときましょう。

でないと、ゲーミングチェアのせいで部屋のスペースが圧迫されるということになりかねませんよ!

 

あとは、特徴に合わせてご自由に

上記のことをしっかり注意してもらえれば後はご自身の予算の中で、一番欲しいものを選んでいただければそれでいいと思います。

椅子ごとに特徴がありますから、その特徴をしっかり読んで吟味してくださいね。

ゲーミングチェアの価格相場

さて、今までの説明でゲーミングチェアについてご理解いただけたとして気になるのが価格ですよね。

あまり高すぎるものですと手が出ないですし、安すぎるものを買って失敗するのも嫌だ

と言うことで、ゲーミングチェアの価格相場についてこの辺で一旦説明しておきます。

 

今回私はこの価格相場を調べるに当たって市場にある17個のゲーミングチェアの価格を表にしてみました。

その結果が以下の通りです。

10,000円以下 1
10,000円~15,000円 0
15,000円~20,000円 1
20,000円~25,000円 5
25,000円~30,000円 3
30,000円~35,000円 0
35,000円~40,000円 4
40,000円0~45,000円 2
45,000円~50,000円 0
50,000円~ 1

 

これをグラフにするとこんな感じです。

 

上記のグラフを見ていただけたら30,000円を区切りにしてスパッと価格帯が分かれているのがわかりますよね。

つまり、35,000円以上の高級品と30,000円以下のお値打ち価格のものと。

あっ、もちろんコレはゲーミングチェアのみの価格のデータですので、オフィスチェアとかであればもっと低価格帯のものが多くなるイメージです。

コレを見ていただくことで、「10000円ではなかなか買えないけどまぁ、30000円あったらそれなりのものが買えるよね」ということをご理解いただけると思います。

 

そこで、いよいよこの記事もラストになるのですが30000円以下のゲーミングチェアを中心にオススメのゲーミングチェアを紹介します。

そうですね、たぶん、上のグラフを見ていると10000円以下のゲーミングチェアと15000円〜20000円のゲーミングチェアが1つずつあるのが気になると思います。

 

ですので、それらのご紹介と後は20000円〜30000円の間のものを3つくらい紹介しましょうか。

それでは、いよいよ安いオススメゲーミングチェアの紹介です。

1万円以下のおすすめゲーミングチェア

 

panana ゲーミングチェア オフィスチェア

まず、最初にオススメしたいのが今回ご紹介する中で唯一、10000円以下で買えるゲーミングチェアです。

10000円以下で買えると言っても侮るなかれ!

ゲーミングチェアと名前がついてるだけあってしっかりとした椅子です。

まず背もたれですが、首まで支える背もたれがS字カーブで、腰から首筋までしっかり支えてくれ、長時間のゲームでも楽ちんです。

また座面のクッションも9cmあり、座り心地も抜群です。

しかも3D立体成型スチールフレームにより『頭部』『肩部』『腰部』『座部』をしっかりサポートしてくれるので、ランバーサポートもバッチシです。

この価格でこの性能であれば満足するのではないでしょうか。

ただ、唯一の欠点が組み立てが面倒くさいこと。

慣れてない人だと商品が届いてから、椅子の形に組み立て終わるまで1人でやると2〜3時間かかるかもしれません。

慣れている人なら30分で終わるとは思いますけどね。

ただ、値段が安いことには変わりないので、「まずは一度、ゲーミングチェアを試してみたい」という方にはオススメしたいゲーミングチェアです。

1.5万円〜2万円のおすすめゲーミングチェア

 

GTRACING GTRacing ゲーミングチェア

15,000〜20,000円で買えるゲーミングチェアとしてはGTRACING GTRacing ゲーミングチェアがおすすめです。

このゲーミングチェアの特徴は何と言ってもそのリクライニング能力。

初期状態の直角(90度)〜170度までリクライニングします。

そして、170度までリクライニングした時がこんな感じ。

これだけリクライニングしたらほぼ寝れますね!

またそれ以外にも

  • 肘掛け
  • ランバーサポート
  • ヘッドレスト
  • 座面高さ調節機能

など、ゲーミングチェアとしての機能はバッチリ!

もうこれ1脚あれば他のゲーミングチェアはいらないんじゃないかと、そう思うくらいコストパフォーマンス抜群なゲーミングチェアです。

ただ、注文した際にめちゃくちゃ大きい箱で届くので、ビックリしないでくださいね。

3万円以下で買えるおすすめゲーミングチェア

さて、最後に3万円以下で買えるゲーミングチェアを3つオススメしてこの記事を終了しようと思います。

Bauhutte ゲーミングチェア RS-950RR

まずご紹介するのはbauhutteのゲーミングチェアです。

実は日本のゲーミングチェア業界では3大人気メーカーがあるのですが、そのうちの1つがこのbauhutteです。

このbauhutteのゲーミングチェアの特徴と言ったら、何と言っても前後に稼働するアームレスト。

上記のように前かがみでゲームしたい時でも背もたれにもたれながらゲームしたい時でも
どちらでも対応できるように、アームレストを調整できます。

これはゲーマーにとって大変嬉しい機能ですよね。

また、型くずれしにくい耐久性と高い弾力性をもっている高密度モールドウレタンという素材をクッションに使用しているため、長持ちします。

もちろん、両サイドの盛り上がりで脇腹を固定してくれるランバーサポートや寝ながらでも前方のモニターが見やすい角度に視線をキープするヘッドレストもついています。

また、リクライニングも135度まで可能と至れり尽くせりのゲーミングチェアとなっています。

もし、このゲーミングチェアに慣れてしまったらあなたは会社に出勤していつもの椅子に座るのが苦痛になるかもしれないですね。

ただ、ゲーミングチェアならではの困った点というか組み立てが面倒というのはこのゲーミングチェアでもやはり存在します。

ですので、組み立てるときは家族や友達などの助けを借りたほうがいいかもしれませんね。

 

DXRACER ゲーミングチェア DXR-BKN

次にご紹介するのはDXRACERのゲーミングチェアです。

このDX Racerも日本3大ゲーミングチェアメーカーの1つです。(ちなみに、残り1社はAK RACINGという会社ですが、価格帯が3万以上のものばかりなので今回の記事では割愛しています。)

このDX Racer、名前にRacerとつくだけあって実は自動車レース用のシートを作っているメーカーです。

ですので、このDXRACERのゲーミングチェアも車のシート仕様です。

DXRACERは、レース業界で培った経験からフィードバックした人体工学に基づいた『三次元立体成型フレーム』で長時間座っていても疲れないシート構造を実現しています。

また、ゲーミングチェアに不可欠な

  • リクライニング機能
  • ロッキング機能
  • アームレスト機能
  • ヘッドレスト機能

と様々な機能を兼ね備えていて、ゲーミングチェアとしては申し分ない性能です。

ただ、このシートの構造上、座るところの両側の隙間にゴミが溜まりやすいという欠点がありますのでこまめに掃除してくださいね。

やはり、3万円出す価値があるゲーミングチェアと言えます。

 

サンワダイレクト ゲーミングチェア オットマン付き

最後にちょっと”変わり種”のゲーミングチェアを紹介してこの記事を閉じましょう。

何が変わり種かというと「オットマン」付きということです。

オットマンとは「足置き」のことです。

上の商品を見てもらうとわかるんですが、足置きがついてますよね。

このように、リクライニングしてぐっすり眠ることも可能です。

また、他のゲーミングチェアに比べてヘッドレストが大きいことも特徴的です。

また、腰にクッションがあったり、レースカーで使われるような腰を包み込むようなパケットシートという構造であったりとランバーサポートもバッチリ。

あえて欠点を出すならば、リクライニングレバーが固く、ちょっと操作しにくい点ですが、まあ慣れれば大丈夫でしょう。

あと、身長が高すぎる人には大型ヘッドレストの高さが合わないという報告も受けています。

ただ、基本的にこの価格でこの性能であれば十分に満足いただける製品だと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか?

少しはあなたのゲーミングチェア選びをお助けすることができましたでしょうか?

この記事でも書いたようにゲーミングチェア選びではとにかく自分の体に合ってるかどうかが大事です。

ぜひ、あなたもしっかり吟味して、満足のいく買い物をしてくださいね。